無職転生◆アリエルはルークと結婚する?アスラの国王になれる?

無職転生 アリエルはルークと結婚する? アスラの国王になれる?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、アリエル・アネモイ・アスラのプロフィールやアスラ王国の国王になれるか、アリエルの死亡説やルークと結婚するかなどについてくわしく紹介します。

アリエル・アネモイ・アスラとは?

無職転生 アリエル・アネモイ・アスラ
アリエル・アネモイ・アスラ 引用元:animegaphone.jp

アリエル・アネモイ・アスラはアスラ王国の第二王女

アリエル・アネモイ・アスラはアスラ王国の第二王女で、ラノア魔法大学の生徒会長です。

長い金髪を編み込みにした髪型と透明感のある美貌、耳当たりのよい美声を持つカリスマ性のある人族の女性です。

王位継承権は三位で「歴代最高の美姫」とアスラ国民には絶大な人気を誇りますが、アリエルには二人の兄がいたので王位を継ぐ気はありませんでした。

フィットア領転移事件で守護術師を亡くしたことをきっかけに王位を目指すことになりますが、王位継承権一位である第一王子派の苛烈な妨害に遭って王位継承争いから脱落し、暗殺者から逃れるためラノア王国にあるラノア魔法大学へ留学(実質は国外脱出)しています。

ラノア魔法大学では生徒会長を務め、守護騎士ルーク・ノトス・グレイラットと守護術師シルフィエットたちとともに生徒会を運営しながら、アリエルがアスラ王国に復権するときに力になってくれる優秀な生徒と有力な人材を探していました。

無職転生 アリエル・アネモイ・アスラ
アリエル 引用元:BookLive!

アリエルはきれいな見た目とは裏腹にアスラ王国貴族らしい変態的な性癖の持ち主で、力の強い者を組み敷いていいなりにして興奮する加虐性欲と組み敷かれて興奮する被虐性欲をあわせ持っています。

アリエルはシルフィエットがまだ10~11歳のころ、寝室に忍び込んで王室御用達バイブでいたぶろうとしたことがありますが、貞操の危機を感じたシルフィエットから激しく抵抗され、治癒魔術が必要なほどの怪我を負わされました。

アリエルはシルフィエットの治癒魔術を受けながら、そのとき自分が被虐性欲も持つことに気づいたそうです(理由はどうあれ王女を傷つけたシルフィエットは通常であれば罪を問われますが、この件では「プレイ」の一環として落ち着きました)。

シルフィエットはアリエルに襲われたあとも特にアリエルを忌避することなく、むしろ事件以降本当の友人として二人は親しくなっていきました(もちろんアリエルも二度とシルフィエットに悪さはしていません)。

その後ルーデウスがラノア魔法大学へ入学してきたことでシルフィエットを通じてつながりができ、甲龍王ペルギウス・ドーラや龍神オルステッドとも関わることになります。

アリエルのラノア魔法大学留学までのくわしい記事はこちら

アリエル・アネモイ・アスラのプロフィール

本名:アリエル・アネモイ・アスラ

別名:歴代最高の美姫

年齢:17歳(初登場時)

出身:アスラ王国王領

種族:人族

魔術:火・水・風・土・治癒・解毒魔術初級以上

ルーデウスについてのくわしい記事はこちら

アリエルはアスラ王国の王位につける?

無職転生 アリエル・アネモイ・アスラ
アリエル 引用元:animemiru.jp

アリエルはアスラ王国国王になる

アリエルは23歳のときにアスラ王国の国王に即位します。

ラノア魔法大学でルーデウスと親交を持ったアリエルは20歳のとき、ルーデウスの「同郷」ナナホシ経由で甲龍王ペルギウス・ドーラとも縁を持つことができました。

アリエルはアスラ王国の王位に就くためには、アスラ王国に絶大な影響力のあるペルギウスの後ろ盾が必要と考え、支持を得ようと努力しますがなかなかうまくいきません。

無職転生 甲龍王 ペルギウス・ドーラ
ペルギウス・ドーラ 引用元:BookLive!

「王として最も重要な要素とはなんだ?」というペルギウスの問いにアリエルは「意思を継ぐ、ということ」と答え、いくつかの問答のあとアリエルは、もし自分の答えが拒絶されるなら、自分の理想とペルギウスの理想があまりにもかけ離れているというなら、いざ王として働くとき足かせになるので、ペルギウスの力添えはいらない、と言い切りました。

腹を括ったアリエルの姿勢がラプラス戦役後のアスラ王国国王ガウニスの理想とする王に近いと考えたペルギウスは、アリエルの王位継承争いに力を貸すことを約束しました。

現在の国王が重病で倒れたことを知ったアリエルは、ラノア魔法大学の卒業を待つことなく、急いでアスラ王国へ帰還する準備をします。

アリエルと護衛のルークとシルフィエット、従者のエルモアとクリーネのアスラ王国へ戻る5人と、ルーデウス、エリス(ルーデウスの護衛)、ギレーヌ(アリエルの護衛兼サウロスのかたき討ち)の合計8人でアスラ王国へ向かいました。

ナナホシについてのくわしい記事はこちら

ダリウス上級大臣を失脚させる

ヒトガミの使徒となったダリウス・シルバ・ガニウス上級大臣が、アスラ王国内の転移魔法陣をすべて破壊させたり、暗殺を得意とする北神流の使い手や大勢の刺客を送り込んだりして、アリエル一行がアスラ王国へ戻ることを妨害してきました。

エリスとギレーヌは進路を阻む大勢の刺客たちをバッサバッサと斬り捨てていき、中衛としてサポートするシルフィエットはアスラ王国を脱出するときに比べるとすごく安全に感じるといいました。

しかしダリウスが放った刺客の中にルークの実家であるノトス家の者がいたことで、ルークの父親ピレモンがアリエルを裏切ったことがわかり、ヒトガミの使徒として助言を受けていたルークの精神は不安定になっていきました。

旅の途中でアリエルは龍神オルステッドの配下になり、ダリウスを失脚させるための「切り札」で盗賊のメンバーになっていた元貴族令嬢トリスティーナ・パープルホースの協力を取り付け、トリスティーナの案内で密輸出入用の通路を通って無事アスラ国内に入ることができました。

無職転生 トリスティーナ・パープルホース
トリスティーナ 引用元:BookLive!

アリエルはアスラ王城で第一王子グラーヴェルの慰労を名目にしたパーティーを開き、四大地方領主(ノトス、ボレアス、エウロス、ゼピュロス家)はじめアスラ王国の名だたる貴族を全員参加させました(王族からのパーティー招待への参加は貴族の義務です)。

その席でアリエルはトリスティーナを証人にして、ダリウスが当時8歳のトリスティーナを誘拐して性奴隷として扱っていたことを暴露して弾劾しました。

ヒトガミについてのくわしい記事はこちら

第一王子グラーヴェルを失脚させる

ダリウスが窮地に陥ったところへグラーヴェルが現われてダリウスを救おうとしますが、そこへペルギウスが12人の精霊を引き連れて派手に現われ、パーティー会場の雰囲気を支配しました。

ペルギウスはアスラ王国の名だたる貴族がそろっている前で第二王女アリエルを国王へ推薦し、第一王子グラーヴェルを完全に抑え込んでしまいます。

アリエル・アネモイ・アスラが次期アスラ王国国王に内定した瞬間でした。

その後ヒトガミの使徒である水神レイダ・リィアがパーティー会場に乱入してアリエルたちを殺害しようとしたり、突然現われたオルステッドが逆にレイダを殺害したり、レイダに逃がしてもらったダリウスがサウロスのかたきとしてギレーヌに斬り捨てられたり、裏切りと寝返りで処刑されそうになった父親ピレモンの失態を目の当たりにしたルークが乱心してアリエルに短剣を突きつけたりといろいろありましたが、ほぼ問題なく解決しました。

無職転生 ダリウス・シルバ・ガニウス 上級大臣
ダリウス・シルバ・ガニウス 引用元:Twitter

アリエルが国王になったことで、ルーデウスの監視役としてヒトガミの使徒になっていたルークは解放され、オルステッドから殺害されることもありませんでした。

アリエルが21歳のとき病床に臥せていた現国王が亡くなり、その2年後、アリエルはアスラ王国国王に即位しました。

アリエルは即位後、オルステッドを支援するために黄金騎士団(初代団長は二代目北神アレックス・C・ライバック)を創設しています。

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

オルステッドがアリエルに協力した理由は?

無職転生 オルステッド
龍神オルステッド 引用元:Twitter

アスラ王国から重要な人材が生まれるから

アリエルが王位に就くことをオルステッドが協力する理由は、ヒトガミを討つために役に立つ重要な人物が将来のアスラ王国から生まれるからです。

今から百年後、アスラ王国に滅亡の危機が訪れますが、アリエルが国王になっていたかグラーヴェルが国王になっていたかで、アスラ王国の将来がわかれるとオルステッドはいいます。

アリエルが国王になった場合、アスラ王国は魔術に頼る軍備の増強をしますが、グラーヴェルが国王になった場合は剣術に頼る軍備の増強をします。

そして魔術で軍備を整えた場合、アスラ王国は百年後の危機を乗り越えますが、剣術で軍備を整えた場合、アスラ王国は滅んでしまうそうです。

アスラ王国が滅亡してしまったら将来オルステッドの望む人材がこの世に誕生してこないので、オルステッドは魔術に頼る軍備の増強を図るアリエルを王位に就かせようとしているということでした。

ヒトガミは以上の理由でアリエルが国王になると将来不都合になるので、グラーヴェルを国王にするべくダリウスやレイダやルークを使徒にして妨害したのでした。

オルステッドについてのくわしい記事はこちら

アリエルとルークは結婚する?

無職転生 ルーク
ルーク・ノトス・グレイラット 引用元:BookLive!

アリエルとルークは結婚しない

アリエルはルークと結婚しませんし、誰とも結婚しません。

アリエルが誰とも結婚しなかった理由は、アスラ王国がこの世界で最も強大な国だからです。

無職転生 世界地図 アスラ王国
アスラ王国 引用元:Twitter

アリエルの結婚相手はアリエルと同じように強大な権力者になり、結婚相手次第では、アリエルが理想とする国づくりやオルステッドとの関係に支障をきたす心配があります。

そのためアリエルは自分以外の権力者を作らないように、特定の男性と結婚しなかったのです。

のちにアリエルは子どもを5人生みますが、子どもの父親も全員わかっていません。

後宮に妾(めかけ)を何人もかかえているので、父親はそのうちの誰かのようです。

5人の子どものうちで名前がわかっているのは、息子エドワード・アネモイ・アスラと娘サリエル・アネモイ・アスラの二人です。

エドワードはクリスティーナ(ルーデウスとエリスの娘)とアスラ王立学校の同学年で、二人は卒業式の日に婚約しています。

サリエルはジークハルト(ルーデウスとシルフィエットの息子)とアスラ王立学校の同学年で、一応つきあいますが相性が合わず関係が進展しないまま自然消滅し、のちにジークハルトではない男性と結婚しました。

リニアーナについてのくわしい記事はこちら

アリエルは死亡する?

無職転生 アリエル・アネモイ・アスラ
アリエル 引用元:BookLive!

アリエルが死亡する未来がある

ルーデウスにはヒトガミの頼みを聞いて地下室の様子を見にいくと始まる最悪の時間軸がありますが、その時間軸ではアリエルが王都の平和を乱した犯罪者として処刑される未来があります。

アリエルが20歳のときにアスラ国王が病気で倒れますが、ヒトガミの使徒になったルークにそそのかされたアリエルは、王位を奪うべくアスラ王国でクーデターを起こしました。

しかし第一王子グラーヴェルと第二王子ハルファウスを同時に殺そうとする無謀な計画だったことと、王宮に剣客として招かれていた水神レイダ・リィアや北帝オーベール・コルベットに阻止されたことでクーデターは失敗します。

アリエルとルーク、シルフィエットは王都の平和を乱した犯罪者として王都の処刑場で処刑され、そのまま死体を晒されます。

シルフィエットがアリエルたちと一緒にいた理由は、ルーデウスが地下室の扉を開けたことで魔石病にかかったネズミが外に出て、ロキシーがネズミから魔石病をうつされてお腹の赤ちゃんともども亡くなり、落ち込んだルーデウスはシルフィエットにつらく当たり、愛想を尽かしたシルフィエットがルークに誘われてクーデターに協力したからでした。

シルフィエットの死体には片腕がなく顔には大きな斬り傷があったそうで、おそらくアリエルやルークも同じように無残な姿で晒されていたのではないでしょうか。

その最悪の時間軸は未来から来た年老いたルーデウスの忠告により阻止されたので、アリエルはクーデターを起こすことなく王位につきますし、処刑されて死ぬこともありません。

ロキシーについてのくわしい記事はこちら

まとめ

今回は、アスラ王国の第二王女、アリエル・アネモイ・アスラについてまとめました。

● アリエルはオルステッドとペルギウスの支持を得てアスラ王国の国王に即位する

● アリエルはルークと結婚しない(強大な権力を持たせないため生涯で誰とも結婚しない)

● アリエルはのちに子どもを5人生むが全員父親が誰かはわからない

● アリエルは違う時間軸でクーデターに失敗して処刑されて無残な姿で死ぬ未来がある

● オルステッドがアリエルに協力する理由は将来アスラ王国に有益な人材が誕生するため

● アリエルは加虐性欲と被虐性欲と人前でおもらしして興奮する性癖がある

以上、「無職転生◆アリエルはルークと結婚する?アスラの国王になれる?」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました