【無職転生】エリスのネタバレまとめ!剣の聖地へ行った理由は?

無職転生 エリスはどれだけ強くなる? 剣の聖地へ行った理由は?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、エリスのプロフィールや剣の聖地へ行った理由、アスラ王国でルーデウスと別れたあとの生活などについてくわしく紹介します。

エリス・ボレアス・グレイラットとは?

エリスは、緩やかなウェーブで鮮やかな真紅色の髪を持つ上級貴族のお嬢様です。

乱暴で直情的な性格ですが、自分が納得したり理解できればまじめに取り組む素直さがあります。

細かいことを気にせず、嫌なことがあっても根に持ったりしないさっぱりした性格でもあります。

実家はこの世界で最も栄えているアスラ王国の名門貴族のうちの一門です。

しかしエリスは暴力事件を繰り返したせいで貴族学校を退学していて、貴族として生きていくのは難しいと考えられていました。

そこへ家庭教師としてやってきたルーデウスがエリスを見捨てることなく読み書き算術や魔術を教えてくれたことで、エリスはルーデウスに信頼と好意を寄せました。

魔力災害で二人一緒に魔大陸に転移させられたときも、エリスをアスラ王国に帰すために努力してくれているルーデウスに愛情を感じるようになります。

エリスは剣術の才能があり、先手必勝の剣神流で剣王(非公式で帝級レベル)になりますが、受け身の水神流とは相性が悪く、とうとう初級も習得できませんでした。

魔大陸から中央大陸への旅の途中でルイジェルドから魔族の戦闘術を教えてもらったり、剣の聖地で北神流を学んだりしているので、エリスの戦闘力はなかなかのものです。

エリス・ボレアス・グレイラットのプロフィール

本名:エリス・ボレアス・グレイラット

年齢:9歳(初登場時)

出身:アスラ王国フィットア領

種族:人族

冒険者ランク:A級

剣術:剣神流王級(帝級レベル)、北神流聖級

魔術:火・水・風魔術初級

武器:ユリアン作の無銘剣、鳳雅龍剣、指折、喉笛

特技:ボレアスパンチ、魔神語

弱点:口下手で難しいことを考えるのが苦手

ルイジェルドについてのくわしい記事はこちら

エリスの強さはどれくらい?

エリスは「剣王」の称号を手に入れ、「剣帝」と同等の実力を持ち、かつての師匠、元「剣神」ガル・ファリオンを討ち取るほどに強くなります。

12歳で剣神流の上級剣士に

エリスは幼い頃から剣術を学んでいて、12歳で剣神流の上級剣士となりました。

剣術の師匠だったギレーヌは、早い時期から「エリスにはパウロや自分を超えるぐらいの剣術の才能がある」といっていました。

ギレーヌは剣神流の剣王で、当時の剣神流において4番目の実力者でした。

剣神流で強さのランクは、初級、中級、上級、剣聖、剣王、剣帝、剣神となっています。

魔力災害に遭って魔大陸に飛ばされてからは、エリスはスペルド族のルイジェルドから戦闘術を学んでいました。

ルイジェルドは魔神ラプラスの親衛隊長を務めた経験もある歴戦の戦士で、帝級と互角の戦闘能力を持っています。

魔大陸から中央大陸へ帰還する間にエリスはA級冒険者になりましたが、実力は間違いなくS級でした。

冒険者ギルドで最も効率よく稼げるのがBランクの依頼なので、S級に上げるとBランクの依頼が受けられなくなるため(受けられる依頼は上下1ランクまでという規則により)、名より実を取ったルーデウスがA級で止めていたのです。

エリスは3年かけて中央大陸へ帰還したあと、ルイジェルドやルーデウスと別れ、フィットア領の難民キャンプで再会したギレーヌと剣の聖地へ向かいました。

剣の聖地に着いたエリスは、剣神流の総本山、剣神ガル・ファリオンのいる大道場へ殴り込みます。

ジノ・ブリッツとニナ・ファリオンという二人の若い剣聖を打ちのめしたエリスは、剣神と手合わせすることになります。

パウロについてのくわしい記事はこちら

15歳で剣神流の剣聖に

エリスは剣神に一撃で吹き飛ばされますが、龍神オルステッドを斬りたいという強い決意を気に入られ、その場で剣聖の称号を与えられ、直弟子にしてもらいました。

15歳で剣聖になったエリスはほかの道場生と距離を置きながら、ひたすら修行に打ち込みます。

北帝(北神流の帝級剣士)オーベール・コルベットから修行をつけてもらったエリスは、19歳で北聖と認めてもらいました。

水神流に対応するために水王(水神流の王級剣士)イゾルテ・クルーエルとニナと3人で切磋琢磨し、エリスは一年かけて水王と互角に戦えるようになりました。

エリスとニナとイゾルテ、同年代の3人は鍛錬を通じて親しくなります。

オルステッドについてのくわしい記事はこちら

20歳で剣神流の剣王に

無職転生 エリス
引用元:Twitter

エリスは剣王の称号をかけてニナと対決して勝利しました。

20歳で剣王となったエリスは、剣神から免許皆伝も授けられました。

免許皆伝は、剣王ギレーヌはおろか二人いる剣帝も授けてもらっていない名誉な称号です。

剣神はエリスに、剣帝になるには剣王ギレーヌと戦え、剣神になるには俺を殺せという条件を出してきますが、エリスは「剣神なんてどうでもいいわ」といって断ります。

すでにエリスは剣帝レベルの実力があると剣神は考えていたようで、実際にエリスはのちにギレーヌと模擬戦を行って勝利しています。

剣王となったエリスは、剣王の証である剣神七本剣のうちの一振り、鳳雅龍剣(おうがりゅうけん)を剣神から受け取りました。

のちにエリスは「狂剣王」の二つ名で呼ばれることになります。

エリスとギレーヌは剣の聖地をあとにして、ルーデウスが暮らすラノア王国シャリーアへ向かいます。

エリスは龍神オルステッドと戦っているルーデウスに助太刀しますが、オルステッドのはるか強大な力には太刀打ちできないことを悟ります。

ルーデウスがオルステッドの配下になることで、ルーデウスとその家族、関係者全員の命が救われました。

その後エリスはルーデウスと結婚し、シャリーアでシルフィエットやロキシーたちと暮らします。

以降エリスはオルステッドの配下となったルーデウスの護衛をしながら、ラプラスの復活に備えて共に行動することになります。

25歳で元剣神を討ち取る

25歳のときエリスは、ジノ・ブリッツに敗れて剣神の座を降りたガル・ファリオンと、ビヘイリル王国で対決しました。

エリスはルイジェルドと協力して、かつて師匠であった元剣神ガル・ファリオンを討ち取ります。

そして元剣神が愛用していた剣神七本剣のうちの一振り、喉笛(のどぶえ)を受け取りました。

ロキシーについてのくわしい記事はこちら

エリスが剣の聖地へ行った理由は?

無職転生 エリス ルーデウス
引用元:Twitter

エリスがギレーヌと剣の聖地に行った理由は、「強くなってルーデウスにふさわしい女になるため」です。

両親と祖父の死を知るエリス

エリスはフィットア領に帰ってきてすぐに、難民キャンプの本部で両親(フィリップとヒルダ)と祖父(サウロス)の死を知ります。

ギレーヌと執事のアルフォンスとは再会できますが、エリスは親しかった家族を失ったことに、覚悟はしていましたが深く悲しみました。

エリスが別室で悲しんでいる間、ルーデウスとギレーヌとアルフォンスは、エリスの今後の身の振り方について話し合います。

フィットア領とボレアス家の復興を考えるアルフォンスとエリス個人の幸せを考えるギレーヌの間で意見がわかれ、話し合いはまとまりません。

エリスの意見を聞くことなく話が進められ、しかも埒が明かない状況に業を煮やしたルーデウスは、「先に休ませてもらいます」と話し合いの席から抜けました。

リーリャについてのくわしい記事はこちら

大人の階段をのぼるエリスとルーデウス

エリスは夜遅く、セクシーな黒い薄手の衣装でルーデウスの部屋を訪ね、一か月ほど前に15歳になっていたことを伝えます。

エリスの誕生日を失念していたルーデウスがあわてて「ほしいものがありますか?」と聞くと、エリスは「家族がほしい」と答えました。

両親と祖父、そして親しくしていたボレアス家の人たちはもうおらず、ルーデウスもまだ行方がわからない家族を探すために自分から離れていくかもしれない、だからルーデウスと家族になれば一緒にいられるとエリスは考えたのです。

エリスとルーデウスは初めて体を重ねますが、そのときエリスはルーデウスの体の小ささを思い知ります。

何でも知っていて何でもできる強くて偉大なルーデウスは自分より年下で自分より体が小さい男の子で、そんなルーデウスに女を使って家族になることを迫り、依存しようとした自分の未熟さをエリスは自覚しました。

そしてエリスは「今の自分ではルーデウスにふさわしくない。せめてルーデウスと肩を並べられるくらいまで強くなりたい」と考えます。

夜が明ける前にエリスはギレーヌと難民キャンプを出て、剣の聖地へ向かいました。

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

脱童貞したルーデウスはEDに

翌朝、脱童貞して気分よく目覚めたルーデウスは、床に散乱しているエリスの赤い髪と一枚のメモを見つけます。

「今の私とルーデウスでは釣り合いが取れません。旅に出ます」

エリスは黙って出て行くつもりでしたが、デッドエンド時代から「報連相(ほうれんそう)」を大事にしていたルーデウスのために書き置きを残したのです。

しかし内容があまりに簡潔すぎて、メモを読んだルーデウスは「エリスに愛想をつかされ、捨てられた」と誤解してしまいます。

せっかく脱童貞して新しい世界を感じられるようになったルーデウスですが、エリスに愛想をつかされて捨てられたと思い込んだショックで、精神的な原因で起こる勃起不全、いわゆる心因性EDになってしまいました。

ルーデウスの心因性EDを治してくれたのは、幼馴染みのシルフィエットでした。

シルフィエットについてのくわしい記事はこちら

まとめ

今回は、エリス・ボレアス・グレイラットについてまとめました。

● エリスは12歳で剣神流の上級剣士になる

● エリスは15歳で剣神流の剣聖になる

● エリスは19歳で北聖(北神流の聖級剣士)になる

● エリスは20歳で剣神流の剣王になり、「狂剣王」と呼ばれる

● エリスは25歳で剣神流の元剣神(かつての師匠)を討ち取る

● エリスが剣の聖地へ行ったのは強くなってルーデウスにふさわしい女になるため

● エリスが残した簡潔な書き置きのせいでルーデウスは勘違いしてEDになる

以上、「【無職転生】エリスのネタバレまとめ!剣の聖地へ行った理由は?」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました