無職転生◆ガルス・クリーナーの正体と目的は?強さと結末について!

無職転生 ガルス・クリーナーの正体と目的は? 強さと結末について!アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、ガルス・クリーナーの正体と目的、戦闘の強さやガルスの結末、プロフィールなどについてくわしく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガルス・クリーナーの正体は?

無職転生 ガルス・クリーナー
ガルス・クリーナー 引用元:Twitter

「掃除屋」の異名を持つ密輸業者

ガルス・クリーナーは顔に大きな傷痕とあごひげがある人族の男性です。

魔大陸のウェンポートとミリス大陸のザントポートをつなぐ航路で商売をしている密輸組織の一員で、「掃除屋」の二つ名を持っています。

無職転生 世界地図 魔大陸 ミリス大陸
ウェンポートとザントポート 引用元:Twitter

ガルスはウェンポートの路地裏でルーデウスとぶつかりますが、とっさに風魔術で突き飛ばされ、上から落ちてきた水がめの直撃から助けられました。

ルーデウスは魔界大帝キシリカ・キシリスから魔眼(予見眼)をもらった直後で、魔眼の制御ができずにふらついてガルスとぶつかっています。

一週間後の夜、ルーデウスとルイジェルドが渡航費用を捻出するために大事な杖を売る売らないの話をしているとき、ガルスがひょっこりとあらわれます。

ガルスはある目的を持って、ルーデウスたちに接触してきたのでした。

ルイジェルドについてのくわしい記事はこちら

ガルス・クリーナーのプロフィール

本名:ガルス・クリーナー

別名:掃除人

種族:人族

職業:密輸業者

剣術:北神流魔王派聖級

ギュエスについてのくわしい記事はこちら

ガルス・クリーナーの目的は?

無職転生 ガルス・クリーナー
ガルス・クリーナー 引用元:Twitter

獣族の若い女性と子どもの誘拐が目的

ガルス・クリーナーの目的は、ドルディア族の村を襲って獣族の若い女性や子どもを誘拐して儲けを独り占めすることです。

ルーデウスとルイジェルドの前にあらわれたガルスは、水がめの件のお礼としてルイジェルドの密航に協力すると言い、しかし一つ頼みがあると言いました。

それは「ある場所で保管されてる密輸品(獣族の奴隷)を解放して、故郷まで送り届けてやってほしい」というもので、そういうことならとルーデウスもルイジェルドも了承します。

しかしその頼みは、ルーデウスたち「デッドエンド」を利用して騒動を起こさせ、「ある場所」に気を引かせておくことが目的でした。

「ある場所」とはミリス大陸ザントポートにある密輸組織のアジトなのですが、「デッドエンド」が密輸品を解放すれば当然密輸組織が黙っておらず、子どもたちを取り返しにきた獣族の戦士とのあいだでも争いが起きます。

無職転生 ルイジェルド 憤怒の形相
ブチギレルイジェルド 引用元:Twitter

ガルスは密輸組織と獣族の戦士がザントポートでもめているあいだにドルディア族の村を襲い、獣族の若い女性や子どもを誘拐して儲けを独り占めしようと企てていました。

ガルスが密輸組織を裏切ったのは、獣族が大事にしている聖獣をさらって売るという無謀すぎる取引に手を出したことが理由です。

世界二位の国力を持つミリス神聖国と対等の武力を持つ獣族を本気で怒らせればどうなるか、そう考えたガルスは組織が獣族につぶされる前に見切りをつけたのです。

そしてどうせ組織を抜けるなら最後に大きく稼いでやろうと考え、魔大陸ウェンポートでうわさになっていたルーデウスたち「デッドエンド」を利用したのでした。

ミリス大陸の大森林ではもうすぐ雨季になって三か月ほど通行ができなくなるので、密輸組織も獣族の戦士も追ってくることができず、そのあいだにうまく逃げきれるだろうとも考えての計画でした。

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

ガルス・クリーナーの結末は?

無職転生 ガルス・クリーナー ルーデウス・グレイラット
ガルス・クリーナー 引用元:Twitter

ガルス・クリーナーはルーデウスたちに倒される

ガルス・クリーナーはルーデウス(とギースと聖獣)と戦い、爆発系の火魔術を受けて倒されています。

ルイジェルドはガルスの手配でミリス大陸のザントポートへ無事に密航できました。

無職転生 ルイジェルド・スペルディア
密航するルイジェルド 引用元:Twitter

ルーデウスが密輸組織の倉庫にいるルイジェルドを迎えに行くと(ルイジェルドは「密輸品」扱いなので引き取り手が必要です)、ルイジェルドは「子どもの奴隷がいる」と怒りで爆発寸前でした。

「密輸品」には、さらわれてきた獣族の子どもが数人いたのです。

ルイジェルドは「密輸品を解放」するため、倉庫にいた密輸業者を容赦なくせん滅させます(ガルスの頼みもありましたが、なくても悪党どもは許さなかったでしょう)。

助け出した獣族の子どもが聖獣様も助けてくれと頼むので、ルーデウスは子どもたちをルイジェルドに任せて、聖獣(銀色の毛の大きな犬)の救出のため倉庫へ戻ります。

無職転生 聖獣 ルーデウス
聖獣とじゃれるルーデウス 引用元:Twitter

ルーデウスはそこで運悪く、聖獣と子どもたちを助けにきたドルディア族の戦士ギュエス・デドルディア(ギレーヌの兄でリニアーナの父親)に密輸業者と間違われてしまいます。

吠魔術(ドルディア族の固有魔術)で全身を麻痺させられ、ルーデウスは抵抗することはもちろん、言い訳をすることもできなくなりました。

ルーデウスはなす術なくドルディア族の村の牢屋に全裸で入れられますが、そこへギャンブルしていてイカサマがバレたという理由でギース・ヌーカディアが入ってきます。

無職転生 ギース・ヌーカディア
ギース・ヌーカディア 引用元:Twitter

ルーデウスとギースが「先輩」「新入り」と呼び合って親しくなったころ、ガルスの手下たちがドルディア族の村に火を放って襲ってきました。

ルーデウスは水魔術で大雨を降らせてまたたく間に村の火事を消したあと、子どもを人質に取ったガルスと対峙します。

ガルスはルーデウスが苦手とする北神流の使い手で、ルーデウスは終始押され気味でしたが、聖獣とギースの援護に助けられ、最後は爆発系の火魔術を撃ち込んでなんとかガルスを倒しました。

アニメではガルスはドルディア族の村の牢屋に入れられていましたが、原作ではルーデウスに倒されたガルスが手錠と足かせと猿ぐつわで拘束されたあと、ザントポートの役人に引き渡されています。

ギースについてのくわしい記事はこちら

ガルス・クリーナーの強さは?

無職転生 ガルス・クリーナー
ガルス・クリーナー 引用元:animecomic-pass.blog.jp

ガルス・クリーナーは北神流聖級

ガルス・クリーナーは北神流魔王派の聖級の使い手です。

ルーデウスが北神流を苦手としていることもありましたが、ガルスはもう少しでルーデウスを倒すところまで追い詰めるほどの実力者でした。

北神流は剣術の三大流派の一つで、「身体部位の欠損があっても戦える実戦的な剣術で、傭兵や冒険者などに好まれる」剣術です。

「人それぞれに合った戦い方を模索していくのも北神流の教えの一つ」だそうで、魔王派、奇抜派、実戦派など、多くの門派にわかれています。

ガルスは多人数相手の実戦的な剣術を得意とする魔王派で、魔王派のトップは魔王アトーフェラトーフェ・ライバック(魔王バーディガーディのお姉さん)です。

無職転生 魔王 アトーフェラトーフェ・ライバック
アトーフェラトーフェ・ライバック 引用元:BookLive!

奇抜派で有名な剣士には北帝オーベール・コルベットがいて、エリスは剣の聖地でオーベールの教えを受けて北神流聖級の称号を授かっています。

無職転生 北帝 オーベール・コルベット
オーベール・コルベット 引用元:BookLive!

ルーデウスとシルフィエットの長男ジークハルトは三代目北神アレクサンダー・カールマン・ライバックの弟子になり、北神流帝級の使い手になります。

ルーデウスの父親パウロも北神流上級を習得していますが、パウロは卑怯な戦法のある北神流が好きではないそうで、ほとんど使っていませんでした。

パウロについてのくわしい記事はこちら

まとめ:ガルス・クリーナーについて

今回は、ガルス・クリーナーについてまとめました。

● ガルス・クリーナーは魔大陸とミリス大陸間の航路を縄張りにする密輸組織の一員

● ガルス・クリーナーの目的はドルディア族の若い女性と子どもを誘拐すること

● ガルス・クリーナーは聖獣の誘拐に手を出した組織に見切りをつけて裏切った

● ガルス・クリーナーは北神流魔王派の使い手で聖級の称号を持っている(悪くて強い)

● ガルス・クリーナーはルーデウスたちとの戦闘で倒され、拘束され役人に引き渡された

以上、「無職転生◆ガルス・クリーナーの正体と目的は?強さと結末について!」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました