無職転生◆リーリャの年齢と死亡説は?魔力災害で最後どうなる?

無職転生 リーリャノメイド前の経歴と魔力災害で転移後の生活は?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、リーリャの年齢やプロフィール、死亡説やグレイラット家に来る前の過去、パウロとの関係や魔力災害に遭い最後どうなるかなどについてくわしく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リーリャとは?

無職転生 リーリャ
リーリャ 引用元:Twitter

リーリャはメイドでパウロの第二夫人

リーリャはグレイラット家の侍女(メイド)で、茶色の髪で眼鏡をかけている気品のある女性です。

まじめで義理堅く冷静な性格ですが、したたかな一面もあります。

アスラ王国ドナーティ領の出身で、水神流の道場の一人娘です。

アスラ王国の後宮で近衛侍女として働いていましたが、王女を狙う暗殺者と交戦した際に負傷してしまい、その傷が原因で近衛侍女を辞めました。

その後フィットア領ブエナ村のグレイラット家でメイドとして働くことになります。

普通の子どもと違うルーデウスを気味悪く感じていましたが、不倫と妊娠の発覚で危機を迎えたリーリャ(とお腹の子ども)を救ってくれたことで、敬意を抱くようになりました。

ルーデウスの結婚についてのくわしい記事はこちら

リーリャのプロフィール

本名:リーリャ

年齢:20代前半(初登場時)

出身:アスラ王国ドナーティ領

種族:人族

職業:メイド

剣術:水神流中級

特技:家事全般、王宮で通用する礼儀作法を心得ている

弱点:迷信深い

アイシャについてのくわしい記事はこちら

ノルンについてのくわしい記事はこちら

リーリャのメイド前の過去は?

無職転生 リーリャ
引用元:gamewith.jp

出身はアスラ王国ドナーティ領

リーリャはアスラ王国ドナーティ領出身です。

水神流の道場主の長女(一人娘)として生まれました。

リーリャが水神流を学んでいる道場へ、父親から勘当された貴族のドラ息子が住み込みの道場生として転がり込んできます(パウロは当時12歳、リーリャはパウロより少し年上でした)。

パウロは剣術の才能があり(すでに剣神流の上級剣士)、水神流の先輩であるリーリャをすぐに追い抜きました。

そのせいでパウロは傲慢になっていて、道場主や先輩道場生を見下し、練習を怠けたり道場生たちと度々問題を起こしていました。

リーリャはある夜、投げやりになったパウロから夜這いされて処女を奪われます。

パウロはリーリャを犯したことをみんなに知られる前に道場を逃げ出してしまいました(控えめにいっても最低のクズ野郎です)。

そのことでリーリャは一時期男性不信になりましたが、今は大丈夫だということです。

ルイジェルドについてのくわしい記事はこちら

アスラ王国後宮の近衛侍女

リーリャは水神流の中級を習得し、アスラ王国の後宮の近衛侍女(このえじじょ)として働きます。

後宮とは、王宮の奥にある王妃様やお后様が暮らしている場所のことで、江戸時代の大奥みたいなものです。

近衛侍女とは、王妃様やお后様の護衛と身の回りのお世話をする女性のことで、礼儀作法はもちろん、戦闘能力も必要とする仕事です。

ある日、生後間もないアリエル姫を暗殺者が狙いますが、リーリャは暗殺者と戦って阻止しました。

しかしその争いの際に、毒を塗れらた短剣で足を切られてしまいました。

すぐに治療を受られけたおかげで一命は取り留めましたが、足に後遺症が残りました。

日常生活を送るぶんには問題ありませんが、護衛の仕事はできなくなったので、リーリャは近衛侍女を解雇されました。

リーリャは王都から遠く離れたフィットア領へ移ります。

王都から離れた理由は、後宮で働いていたので後宮の情報が漏れないよう王族から口封じのために命を狙われる恐れがあったことと、王族につながる有力貴族の政治的駆け引きの道具に使われるのが嫌だったからでした。

そしてフィットア領のような田舎では家の仕事を完璧にできる教育された侍女は少ないので、侍女として雇われれば給料が高いだろうと考えていたからでした。

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

フィットア領の下級貴族のメイド

フィットア領ブエナ村の下級貴族が、助産婦の知識があるメイド(侍女)を募集していました。

依頼したのはあのパウロで、近々出産する妻のためにメイドを募集していたのです。

リーリャはパウロと7年ぶりに再会し、ブエナ村のグレイラット家で働くことなりました。

リーリャはパウロの妻ゼニスの出産を手伝い、無事にルーデウスが生まれました。

ルーデウスは健康に育ちますが、前世の記憶があるせいで子どもらしからぬ行動を取るルーデウスをリーリャは不気味に感じます。

無職転生 リーリャ ルーデウス ゼニス
勘が鋭いリーリャ 引用元:あにこ便

6年後、ゼニスの二人目の妊娠がわかった翌月、リーリャも妊娠したことがわかります。

リーリャのお腹の子どもの父親はパウロでしたが、パウロを誘惑したのはリーリャでした。

グレイラット家の崩壊とリーリャ親子の命の危機を、機転を利かせたルーデウスが救います。

不気味に感じて避けていたルーデウスから助けられたことで、リーリャは今までのルーデウスに対する態度を反省し、敬意を払うようになります。

リーリャの誘惑についてのくわしい記事はこちら

パウロ・グレイラットの第二夫人

妊娠をきっかけにリーリャはパウロの第二夫人、リーリャ・グレイラットになりました。

数か月後、ゼニスとリーリャは同じ日に女の子を出産します。

ゼニスの娘の名前はノルン、リーリャの娘の名前はアイシャです。

無職転生 アイシャ ノルン
アイシャ ノルン 引用元:Twitter

四年が経過したころ、リーリャは将来アイシャをルーデウスに仕えさせるために厳しく教育していました。

無職転生 リーリャ アイシャ メイド服
アイシャ 引用元:Twitter

リーリャはルーデウスがロアへ連れていかれたあと一人ぼっちになったシルフィエットに、王宮仕込みの礼儀作法を教えています。

ルーデウスの10歳の誕生日の翌日、リーリャたちフィットア領の住人は大規模な魔力災害に巻き込まれました。

リーリャは抱いていたアイシャと一緒に、光の中に消えてしまいます。

シルフィエットについてのくわしい記事はこちら

リーリャは魔力災害で死亡する?

無職転生 リーリャ アイシャ シーローン王国
リーリャ アイシャ 引用元:Twitter

リーリャは魔力災害で死亡しない

リーリャは魔力災害に遭って死亡しません。

リーリャは娘のアイシャとともに、シーローン王国の王宮内に転移させられました。

シーローン王国はアスラ王国フィットア領の南西にある国で、赤竜山脈の「赤竜の下顎」を経由しなければ行けない遠い場所です。

無職転生 世界地図
世界地図 引用元:Twitter
無職転生 世界地図 シーローン王国
引用元:Twitter

シーローン王国ではロキシーが宮廷魔術師として働いていましたが、リーリャたちが転移してくる一日前にアスラ王国の異変を感じ取って王宮から去っていました。

王宮内(第3王子ザノバ・シーローンの部屋の中)に突然転移してきたリーリャとアイシャは不審者として捕まりました。

無職転生 ザノバ・シーローン
ザノバ・シーローン 引用元:BookLive!

他国のスパイを疑われたリーリャは尋問されますが、ロキシーやパウロ・グレイラットの関係者だとわかって身元を確認することができました。

しかしロキシーに執着していた第7王子のパックス・シーローンの横やりで二人は解放されず、王宮内に抑留され侍女として働かされることになります。

無職転生 パックス・シーローン ロキシー
ロキシー パックス 引用元:Twitter

パックスは、ロキシーをシーローン王国に戻ってこさせるために、リーリャとアイシャを人質として利用しようと考えたのです。

リーリャとアイシャが王宮内で人質にされて2年が経ったころ、ルーデウスたちは魔大陸から2年かけて中央大陸まで戻ってきていました。

ヒトガミから助言を受けたルーデウスが、リーリャとアイシャを助けにシーローン王国へ向かいます。

ルーデウスはシーローン王国の王宮内で結界(パックスがロキシーを捕まえるために作らせた王級魔術師用の魔法陣)に捕らわれ、魔術が一切使えなくなってしまいました。

ロキシー人形に絡んでルーデウスの弟子になったザノバが、パックスの悪事を交渉材料にして、ルーデウスとリーリャとアイシャを救い出しました。

悪事(リーリャ親子の抑留も含まれます)が露呈したパックスは国外追放されることになり、表向きは留学という形で王竜王国へ人質(いつ殺されてもかまわない人質)に出されました。

ザノバもルーデウスを助けるときに起こした騒動の責任を取って、ラノア王国にあるラノア魔法大学へ留学することになりました(のちにザノバとルーデウスはラノア魔法大学で再会します)。

ロキシーについてのくわしい記事はこちら

パウロがいるミリス神聖国へ

リーリャとアイシャは護衛に守られ、家族を探すパウロがいるミリス神聖国へ向かいます。

ルーデウスたちはアスラ王国へ向かう途中、赤竜山脈の赤竜の下顎で龍神オルステッドに殺されかけました。

その後三人はアスラ王国に帰還し、ルーデウスはルイジェルド、エリスと別れ、中央大陸の北方大地で冒険者生活を送り、ラノア魔法大学に入学するためラノア王国シャリーアへ向かいます。

リーリャはミリス神聖国でパウロとフィットア領民捜索の手伝いをしていました。

ノルンとアイシャはゼニスの実家ラトレイア家で月に何度かお世話になりながら、首都ミリシオンにある学校に通います。

平凡なノルンは優秀なアイシャにコンプレックスを抱くようになり、さらにゼニスの母クレアの(悪気はないけど)偏った教育のせいで、二人の仲は険悪なものになってしまいました。

エリスについてのくわしい記事はこちら

ゼニスがいるベガリット大陸へ

無職転生 リーリャ アイシャ ルーデウス
リーリャ アイシャ 引用元:Twitter

パウロはロキシーたちからゼニスの居場所を聞きました。

リーリャはパウロたちとともに、ゼニス救出のためベガリット大陸へ向かいます。

無職転生 世界地図 ベガリット大陸
ベガリット大陸 引用元:Twitter

ベガリット大陸は子どもには厳しい環境なので、アイシャとノルンはルーデウスに預けることになりました。

二人はルイジェルドに守られ、ルーデウスが暮らしているラノア王国へ向かいました。

パウロたちはベガリット大陸にある都市ラパンの転移の迷宮を探索しますが、ゼニスを見つけることができませんでした。

ギースから応援要請を請けたルーデウスがパウロたちと合流したことで迷宮の探索がはかどり、魔力結晶に閉じ込められていたゼニスの救出に成功します。

しかしゼニスの救出と引き換えに、リーリャの夫パウロは命を落としました。

救出されたゼニスも心神喪失状態でした。

パウロについてのくわしい記事はこちら

ルーデウスの自宅があるラノア王国へ

リーリャたちは転移魔法陣を使ってラノア王国へ移動します。

転移魔法陣のおかげでわずか1か月半でラノア王国シャリーアに着くことができました。

無職転生 世界地図 ラノア王国
ラノア王国 引用元:Twitter

シャリーアにはルーデウスの家があり、アイシャやノルンやシルフィエットがリーリャたちの帰りを待っていました。

リーリャはたくさんの家族に囲まれたその家で、心神喪失状態になったゼニスを介護しながら暮らしました。

晩年は近衛侍女のころに受けた傷の後遺症が原因で腰痛や肩こりの症状が出て少しは苦労していたようですが、原作に描写がないのでそれ以外は大過なく過ごしていたようです。

リーリャは最後、ルーデウスやアイシャなどグレイラット家の家族に見守られながら、穏やかに息を引き取ったのではないのでしょうか。

ゼニスについてのくわしい記事はこちら

まとめ:リーリャについて

今回は、リーリャについてまとめました。

● アスラ王国ドナーティ領の水神流の道場主の一人娘として生まれる

● 水神流の中級剣士で元アスラ王国後宮の近衛侍女になる

● フィットア領ブエナ村の下級貴族グレイラット家の侍女になる

● リーリャの初登場時の年齢は20代前半(推測)

● パウロの子どもを妊娠してグレイラット家の第二夫人になる

● ゼニスの娘ノルンと同じ日に娘アイシャを出産する

● リーリャは魔力災害に遭って死亡しない

● 魔力災害に遭ってアイシャと共にシーローン王国へ転移させられる

● シーローン王国の第7王子に王宮内に抑留され侍女として働かされる

● ルーデウスたちに助け出されパウロがいるミリス神聖国へ移る

● ゼニスの居場所を突き止めベガリット大陸ラパンへ移る

● 助け出されたゼニスとラノア王国へ移りゼニスを介護しながら暮らす

以上、「無職転生◆リーリャの年齢と死亡説は?魔力災害で最後どうなる?」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました