【無職転生】ルイジェルドは死亡する?ノルンと結婚する経緯は?

無職転生 ルイジェルドは死亡する? ノルンと結婚する経緯は?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、ルイジェルドの死亡説やルーデウスの妹ノルンと結婚するきっかけ、結婚に至った経緯についてくわしく紹介します。

ルイジェルド・スペルディアは死亡する?

無職転生 ルーデウス ルイジェルド
引用元:Twitter

今の歴史ではルイジェルドは死亡しない

ルーデウスが生きている今の歴史では、ルイジェルドは死亡しません。

何度もループしてこの世界の歴史を見ている龍神オルステッドがいうには、ルーデウスがいない歴史(ルーデウスは死産になっています)では、ルイジェルドはビヘイリル王国にあるスペルド族の村で、原因不明の疫病にかかって死亡してしまいます。

ビヘイリル王国は地図の中央上部にある国で、山と海と森に囲まれた自然豊かな国です。

ちなみにビヘイリル王国の特産品の鬼水(ほぼ醤油)のおかげで、ルーデウスは夢にまで見た玉子かけご飯を食べられるようになりました。

無職転生 世界地図
引用元:Twitter

ルーデウスがいる今の歴史でもルイジェルドは疫病にかかって倒れますが、ルーデウスとクリフたちの活躍で疫病を克服しています。

ルーデウスがいる歴史で二人が結婚する経緯はのちほどくわしく紹介しますが、ルーデウスがいない歴史での結婚についても少し紹介します。

オルステッドについてのくわしい記事はこちら

ルーデウスがいない歴史では死亡する

今の歴史ではノルンはルーデウスの妹として生まれますが、ルーデウスのいない歴史ではパウロとゼニスの長女として生まれます。

ノルンは吟遊詩人を兼ねた冒険者をやっていましたが、組んでいたパーティーが魔物に襲われ全滅し、ノルンも死にかけます。

そこをルイジェルドに助けられて一目ぼれしたノルンは、スペルド族を探す旅をしているルイジェルドにそのままついていきます。

ほかのスペルド族が疫病で全滅していたことを知って激しく落ち込んだルイジェルドをノルンがなぐさめ、二人は結婚してビヘイリル王国で暮らすようになります。

やがてルイジェルドとノルンの間にルイシェリアという娘が生まれます。

その後ルイジェルドも疫病にかかって亡くなりますが、魔族と人族のハーフであるルイシェリアは疫病に倒れることなく、スペルド族最後の戦士になります。

そしてルイジェルドの悲願であるスペルド族の汚名を晴らすために、80年後に起きる魔神ラプラスとの戦争で、人族と一緒に戦って勝利します。

ノルンはルイシェリアを育てたあと、寿命を迎えて亡くなりました。

スペルド族についてのくわしい記事はこちら

ルイジェルドとノルンの結婚のきっかけは?

無職転生 ノルン
引用元:Twitter

きっかけはオルステッドの思いつき

ルイジェルドとノルンの結婚は、龍神オルステッドの思いつきがきっかけで実現しました。

龍神オルステッドが今まで繰り返してきたルーデウスがいない歴史(少なくとも百回以上)では、ルイジェルドとノルンは出会って結婚し、必ず娘のルイシェリアを生んでいます。

そのルイシェリアは龍神オルステッドにとって重要な存在になっていたのですが、ルーデウスがいる歴史では、ノルンは魔術ギルド本部の事務員をしているしスペルド族は全滅せずルイジェルドも元気なので、二人が結婚に至るイベントが起きません。

龍神オルステッドは、ルーデウスがいない歴史ではルイシェリアには何度も助けられて世話になっていたので、できることなら今の歴史でもルイシェリアを誕生させてやりたいと考え、「ノルン・グレイラットを結婚させよう」とルーデウスに提案したのです。

ビヘイリル王国での戦いから数か月が経ち、80年後に起きる魔神ラプラスとの戦争に向けて準備しているときに、唐突に提案されたのでルーデウスはとまどいました。

ルーデウスがいない歴史では、ルイシェリアはスペルド族最後の戦士として悲壮な人生を歩んだそうですが、今の歴史ならルーデウスもルイジェルドもいるし、ルイシェリアが重い使命を背負うことはないだろうと龍神オルステッドはいいます。

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

二人のためにルーデウスが奮闘する

しかしルイシェリアをこの世に誕生させるためには、ルイジェルドとノルンを結婚させなければいけません。

そこでルーデウスはまずノルンに確認すると、好きな人はルイジェルドだといいます。

スペルド族の村に行きルイジェルドに確認すると、ノルンが好きだといいました。

二人の結婚の意思を確認したルーデウスは、善は急げとばかりに結婚式の準備を着々と進め、龍神オルステッドからノルンを結婚させようと提案されてから一か月もかからないうちに実現させます。

結婚式はスペルド族の村で、スペルド族の様式で行いました。

ルイジェルド579歳、ノルン17歳という超年の差婚でした。

サプライズで一部ミリス式の結婚式を組み込んだこともよろこばれ、大勢の人に祝福されるすばらしい結婚式になりました。

ルイジェルドとノルンはスペルド族の村で暮らし、一年後ルイシェリアがこの世に生を受けます。

ルーデウスがいうには、ルイシェリアは「ノルンそっくりの顔に、緑色の髪とキュートな尻尾、額に宝石を持つ、スペルド族の女の子だ」ということです。

ゼニスについてのくわしい記事はこちら

ルイジェルドとノルンの結婚までの経緯は?

無職転生 ゼニス パウロ ノルン リーリャ
引用元:Twitter

ノルン5歳、ミリス神聖国で

ルイジェルドとノルンが初めて出会ったのは、ノルンが5歳のときでした。

パウロに連れられて来ていたミリス神聖国の首都で、ノルンが道で転びそうになったところをルイジェルドに助けられ、頭をなでられてりんごをもらっています。

子ども好きのルイジェルドにとっては当然の行動で、ノルンもハゲ頭の人から助けてもらったというほどの認識でした。

パウロは魔力災害で世界各地に転移させられた家族やフィットア領民を探す目的でミリス神聖国を訪れていました。

魔力災害が起きたとき、ブエナ村の実家で偶然パウロに抱かれていたノルンは、パウロとアスラ王国南部の草原地帯に転移させられ、以後パウロと共に行動していました。

パウロについてのくわしい記事はこちら

ノルン9歳、イーストポートで

ルイジェルドとノルンが二度目に会ったのは、ノルンが9歳のときでした。

パウロがゼニスの居場所の情報をつかみ、救出のためにベガリット大陸へ向かおうとしますが、そこはミリス神聖国のあるミリス大陸よりずっと危険で厳しい環境でした。

ノルンとアイシャは連れていけないと判断したパウロは、二人をルーデウスが暮らしている中央大陸北部にあるラノア王国へ送ることに決めます。

アイシャは魔力災害でリーリャとシーローン王国の王宮内に転移して抑留されていましたが、ルーデウスが救出して、護衛をつけてパウロのいるミリス神聖国へ送っていました。

パウロたちは中央大陸南部にある王竜王国の港町、イーストポートでルイジェルドと偶然出会います。

ルイジェルドはルーデウスたちと別れたあと、中央大陸南部の密林地帯でスペルド族を探していましたが結局見つけられず、イーストポートからミリス大陸へ渡ろうとしていたときにパウロたちと出会ったのでした。

パウロから事情を聞いたルイジェルドは子どもたちの護衛を申し出て、パウロはこれほど心強いことはないとルイジェルドに頼みました。

ルイジェルドとジンジャー(リーリャとアイシャをミリス神聖国まで護送してくれた騎士)という頼もしい護衛に連れられて、ノルンとアイシャは中央大陸を北上してラノア王国を目指します。

その旅の途中、ノルンは優しく接してくれたルイジェルドに想いを寄せるようになりましたが、子ども好きのルイジェルドにとっては当然の行動でした。

ラノア王国に無事に着いたあと、ルイジェルドと別れるときは「私も一緒にいきたい」と涙をためながら伝えたのでした。

リーリャとアイシャについてのくわしい記事はこちら

ノルン17歳、スペルド族の村で

引用元:Twitter

ルイジェルドとノルンが三度目に会ったのは、ノルンが17歳のときでした。

ルーデウスはヒトガミの使途であるギースの居場所を突き止めてビヘイリル王国まで行きます。

ビヘイリル王国の僻地、地竜谷の森まで来たルーデウスは、偶然スペルド族の村に辿り着き、ルイジェルドと再会することができました。

しかしスペルド族の村では原因不明の疫病が蔓延し、ルイジェルドも一時昏睡状態になるほど重症化していました。

ノルンはクリフからからルイジェルドの危機を知らされ、スペルド族の村まで連れてきてもらいます。

クリフは識別眼(キシリカ・キシリスからもらった魔眼)と医療術を存分に振るって、疫病の原因と治療法を探り当てます。

ノルンはスペルド族の村に来てからずっと、ルイジェルドのそばについて献身的に看護していました。

クリフが処方したソーカス草と赤い実を煎じたお茶のおかげでルイジェルドの容体は安定し、その姿を見たノルンはルイジェルドに抱きついて涙を流しながらよろこびました。

ルーデウスたちとギース(とその仲間)はスペルド族の村を巻き込んで激しい戦いを繰り広げ、なんとか勝利しました。

スペルド族がビヘイリル王国で公式に暮らせるようになって、地竜谷の森の入り口付近にスペルド族の村を造り直していく間も、ノルンはルイジェルドと一緒に行動しています。

この頃はルイジェルドもノルンに想いを寄せるようになりますが、気持ちを面に出すことはありませんでした。

その後ノルンはラノア王国に戻って以前の生活を送っていましたが、数か月後、龍神オルステッドの思いつきによって二人はルーデウスに気持ちを確かめられ、結婚式を挙げることになったというわけです。

エリスについてのくわしい記事はこちら

まとめ

今回は、ルイジェルド・スペルディアについてまとめました。

● ルーデウスがいる歴史ではルイジェルドは死亡しない

● ルーデウスがいない歴史ではルイジェルドは原因不明の疫病にかかって死亡

● 龍神オルステッドの思いつきがきっかけでルイジェルドとノルンの結婚が実現

● ノルンは9歳のとき旅の中で優しくしてくれたルイジェルドに想いを寄せていた

● ノルンは17歳のとき疫病で倒れたルイジェルドを献身的に看護する

● ルイジェルドは疫病に倒れた自分を献身的に看護してくれたノルンに想いを寄せる

● ルーデウスの計らいでルイジェルドとノルンはスペルド族の村で結婚式を挙げる

● 一年後スペルド族の村でルイジェルドとノルンの娘ルイシェリアが生まれる

以上、「【無職転生】ルイジェルドは死亡する?ノルンと結婚する経緯は?」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました