無職転生◆ルイジェルドの正体と強さは?スペルド族の呪いについて!

無職転生 ルイジェルドの強さは? スペルド族が嫌われる理由は?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、ルイジェルド・スペルディアの正体や戦闘の強さ、スペルド族の過去や呪い(嫌われている理由)などについてくわしく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルイジェルド・スペルディアの正体は?

ルイジェルドは誇り高きスペルド族の戦士

ルイジェルドはルーデウスの恩人で、緑色の髪で額に赤い宝石を持つスペルド族の戦士です。

寡黙で頑固な性格ですが、子どもにはとても優しく面倒見のよい好青年です。

先の大戦(ラプラス戦役)から五百年以上戦い続けてきた歴戦の戦士で、高い戦闘能力と戦士としての誇りを持っています。

戦争中はスペルド族の戦士長と魔神ラプラスの親衛隊長を務めていました。

魔神ラプラスから裏切られ「恐怖される呪い」を移されたせいで、スペルド族は世界中の人たちから恐れられ、嫌われる存在になってしまいます。

ルイジェルドの出身は魔大陸にあるバビノス地方で、戦争後は迫害されて行方がわからなくなったスペルド族の仲間を探して旅をしていました。

無職転生 世界地図 魔大陸
魔大陸 引用元:Twitter

魔力災害で魔大陸まで飛ばされてきたルーデウスとエリスを保護し、三年かけて中央大陸のアスラ王国まで送り届けました。

その後は中央大陸の各地を移動し、ビヘイリル王国の森林地帯に隠れ住んでいたスペルド族の仲間と出会うことができました。

ルーデウスについてのくわしい記事はこちら

ルイジェルド・スペルディアのプロフィール

本名:ルイジェルド・スペルディア

別名:デッドエンド

年齢:565歳(初登場時)

出身:魔大陸バビノス地方

種族:魔族(スペルド族)

冒険者ランク:A級

剣術:帝級レベル

武器:スペルド族の槍(硬化した自分の尻尾)

特技:額の赤い宝石がレーダー、魔神語・人間語・獣神語を話せる

弱点:「恐怖される呪い」のせいで世界中の人たちから恐れられてている

ヒトガミについてのくわしい記事はこちら

ルイジェルドの強さはどれくらい?

無職転生 ルイジェルド ノコパラ
引用元:Twitter

ルイジェルドの戦闘能力は帝級レベル

ルイジェルドは500年以上戦ってきた歴戦の戦士で、帝級レベルの戦闘能力を持っています。

「帝級」は強さを表したランクで、強い順から神級、帝級、聖級、上級、中級、初級となっています。

ルイジェルドは上から二番目に強いランクで、アニメの1クール目に登場した人物では、龍神オルステッド、甲龍王ペルギウスに次ぐ実力者です。

無職転生 龍神オルステッド
龍神オルステッド 引用元:Twitter
無職転生 甲龍王ペルギウス
甲龍王ペルギウス 引用元:Twitter

ルイジェルドはスペルド族の戦士長であり、魔神ラプラスの親衛隊長も務めていました。

スペルド族の特徴である額の赤い宝石はレーダーの役割をしていて、壁の向こうや洞窟の中などにいる人や魔物の魔力を感知することができるので、普通の目で見ることなく確認できます。

そのため夜間の奇襲攻撃や障害物の多い地形での乱戦などが得意で、戦争中、スペルド族はその高い身体能力も相まって、魔族の中で精鋭として活躍しています。

オルステッドについてのくわしい記事はこちら

ルイジェルドの冒険者ランクはA級

ルイジェルドは魔大陸から中央大陸までルーデウスたちを送り帰すときに冒険者パーティーを組みましたが、そのときルイジェルドの冒険者ランクはA級でした。

実際の実力はS級以上ですが、ルーデウスがあえてA級で止めました。

冒険者ギルドで最も効率よく稼げる依頼がB級の依頼なので、ルーデウスが「S級冒険者」という名誉よりも中央大陸までの路銀を早く多く稼ぐという実利を選んだことが理由です。

A級、S級の依頼の報酬は高いのですがけっこう困難なので(ルイジェルドたちには簡単ですが)、達成するまでにそれなりの日数がかかります。

無職転生 エリス ルイジェルド ルーデウス
引用元:Twitter

B級の依頼は報酬は低くなりますが、比較的短期間で達成できる内容なので回数をこなせるのです。

そしてB級の依頼を受けられるのは規則で上下1ランクまで(A~C級の冒険者が受けられます)になっているので、A級で止めておいたということでした。

冒険者ランクなど気にしないルイジェルドはルーデウスのその判断に納得して従っていましたが、エリスはS級冒険者を名乗りたかったようです。

エリスは旅の途中で、視線で相手の動きを誘導する魔族特有の高等技法をルイジェルドから教えてもらっています。

パウロについてのくわしい記事はこちら

スペルド族の呪い(嫌われている理由)とは?

無職転生 ルイジェルド
引用元:Twitter

魔神ラプラスに呪いを移されたスペルド族

スペルド族が嫌われている理由は、魔神ラプラスに「恐怖される呪い」を移された黒い槍で戦わされたからです。

およそ500年前、魔人ラプラスが人族と戦争(ラプラス戦役)を始めました。

スペルド族は早い時期からその戦争に参加します。

高い戦闘能力を持っていたスペルド族は、魔人ラプラスの親衛隊(親衛隊長はルイジェルド)として活躍しました。

ルイジェルドたちスペルド族の専門は奇襲と夜襲で、どの作戦もレーダーの役割を果たす額の赤い宝石のおかげで必ず成功させていました。

戦争が中期に入った頃、魔人ラプラスが黒い槍を持ってきて、スペルド族に「今後はこの槍で戦え」と命じます。

スペルド族は生まれたときに尻尾が生えていて、本人の成長と同じく尻尾も伸びて硬くなります。

やがて硬くなった尻尾は体から離れるのですが、その尻尾がスペルド族の誇りでもある白い槍になるのです。

スペルド族の誇りを使って戦わないことで反対する戦士もいましたが、ルイジェルドは魔人ラプラスへの忠誠を示すものだと信じて、全員に黒い槍を使って戦うことを強要します。

しかし魔神ラプラスはその黒い槍に「恐怖される呪い」を移していたのです。

魔神ラプラスとスペルド族には髪が同じ緑色という共通点があったせいで、呪いを移されて以降、スペルド族の緑色の髪が恐怖の象徴となります(ルイジェルドが髪を染めたり剃ったりしたら、周囲から恐れられなくなったのはそのせいです)。

ゼニスについてのくわしい記事はこちら

敵味方の区別がつかなくなったスペルド族

黒い槍には持つ者の力を何倍も引き上げ、敵の魔術を無効化するというすばらしい効果がありましたが、敵を殺した分だけ槍を持つ者の精神を蝕んでいくという副作用がありました。

黒い槍の効果で無敵状態になったスペルド族の戦士たちでしたが、やがて敵味方の区別がつかなくなり、老若男女関係なく、自分以外の者たちを無差別に襲いだすようになりました。

スペルド族は魔族からは「裏切り者」と罵られ、人族からは「悪魔」と呼ばれるようになります。

無職転生 ルイジェルド
引用元:Twitter

あるときルイジェルドたちはスペルド族の集落(ルイジェルドの出身地)が襲われているという情報を聞きます(魔神ラプラスが流した情報でした)。

精神が蝕まれたスペルド族の戦士たちは敵味方の区別がつかず、集落にいた自分たちの親やきょうだい、妻や子どもたちを殺してしまいます。

ルイジェルドの息子は精神が蝕まれたルイジェルドに激しく抵抗し、自身の命と引き換えにルイジェルドの持つ黒い槍を折りました。

黒い槍を折られたことで精神汚染が止まり、ルイジェルドは正気に戻ります。

正気に戻ったルイジェルドは自殺を考えますが、すぐにその考えを打ち消し、スペルド族を罠にはめた魔人ラプラスへの復讐を誓います。

数年後、ルイジェルドは魔人ラプラスと魔神殺しの三英雄との戦いに参加し、魔神ラプラスに一矢報うことで、見事復讐に成功しました。

魔神ラプラスが封印され戦争は終わりましたが、罠にはめらされたとはいえスペルド族がそれまでやってきた行いが許されるわけもなく、現在まで400年間、スペルド族への迫害はずっと続いています。

ルイジェルドは、スペルド族に対する悪評は黒い槍の使用を強要した自分の責任でもあるので、自分が悪評を覆さなければならないと考えているのです。

ルイジェルドについてのくわしい記事はこちら

ノルンについてのくわしい記事はこちら

まとめ:ルイジェルド・スペルディアについて

今回は、ルイジェルド・スペルディアについてまとめました。

● ルイジェルドは500年以上戦ってきた歴戦の戦士で帝級レベルの戦闘能力を持つ

● アニメ1クール目の中では、龍神オルステッド、甲龍王ペルギウスに次ぐ実力者

● ルイジェルドはスペルド族の戦士長、魔神ラプラスの親衛隊長を務めていた

● ルイジェルドの冒険者ランクはA級(実際の実力はS級)

● スペルド族は魔神ラプラスに「恐怖される呪い」を移された黒い槍で戦わされた

● 魔神ラプラスに呪いを移されて以来、スペルド族の緑色の髪が恐怖の象徴となった

● ルイジェルドは魔人ラプラスと魔神殺しの三英雄との戦いに参加して復讐に成功

以上、「無職転生◆ルイジェルドの正体と強さは?スペルド族の呪いについて!」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました