【無職転生】ゼニスのネタバレまとめ!廃人になった理由と回復は?

無職転生 ゼニスが心神喪失になった理由! ゼニスは回復する?アニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」は、小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年10月から5年半の間、累計ランキング1位を維持していた人気作品が原作になっています。

今回は、ゼニス・グレイラットのプロフィールと廃人(心神喪失状態)になった理由、その後の経過やゼニスの過去などをくわしく紹介します。

ゼニス・グレイラットとは?

無職転生 ゼニス
引用元:Twitter

ゼニス・グレイラットは、ルーデウスの母親で金髪を巻き髪にしているきれいな女性です。

明朗快活で寛容で面倒見のいい性格ですが、少々親馬鹿なところもあります。

しかしルーデウスに魔術の才能があると見るやすぐに家庭教師をつけたことは、親馬鹿ではあってもすばらしい判断でした。

出身はミリス大陸にあるミリス神聖国で、上級貴族の次女として生まれました。

実家のラトレイア家はミリス神聖国のなかでも魔族排斥派に属する貴族ですが、ゼニスは魔族に対して差別感情はなく、家庭教師として雇ったロキシーを温かく迎え入れています。

パウロとリーリャの裏切りに対しても、ルーデウスの感情を優先した結果とはいえ、寛容な態度でグレイラット家の崩壊を阻止しました。

ゼニス・グレイラットのプロフィール

本名:ゼニス・グレイラット

年齢:17歳(初登場時)

出身:ミリス大陸ミリス神聖国

種族:人族

宗教:ミリス教

冒険者ランク:A級

魔術:治癒・解毒魔術中級、火・水魔術初級

趣味:園芸、ジャム作り

ギレーヌについてのくわしい記事はこちら

ゼニスが廃人になった理由は?

引用元:Twitter

魔力結晶の中に閉じ込められていたから

ゼニスが廃人(心神喪失状態)になった直接の理由は、転移の迷宮にある魔力結晶の中に長期間閉じ込められていたからです。

魔力結晶の中に閉じ込められていた理由と年数ははっきりしていません。

ゼニスは魔力災害(のちに「フィットア領転移事件」と呼ばれます)に遭って転移していますが、魔力結晶の中に直接転移したのか、転移の迷宮内に転移してから何かあって魔力結晶の中に閉じ込められたのか、原作にも記述されていません。

魔力結晶に閉じ込められていた期間も、2年から6年と幅があります。

魔力結晶に直接転移した場合は救出されるまでの最大6年間、迷宮内に転移してその後魔力結晶に閉じ込められた場合は、ゼニスらしき人物を見たという目撃者の証言が2年前なので、証言を信用するなら少なくとも2年間は魔力結晶に閉じ込められていたことになります。

ゼニスが閉じ込められている転移の迷宮は、ベガリット大陸の迷宮都市ラパンにあります。

転移の迷宮の最下層には迷宮の守護者マナタイトヒュドラ(魔石多頭竜)がいて、ゼニスが眠る魔力結晶を守っていました。

パウロたちが文字通り命をかけてマナタイトヒュドラを倒すと、魔力結晶が溶けてゼニスを助け出すことができました。

パウロについてのくわしい記事はこちら

魔力結晶とは?

魔力結晶とは、魔力をためておける石で、魔術の発動や魔道具の作成に使うことができます。

魔力結晶を粉状にしていくつかの材料を混ぜ合わせると、転移魔法陣用の塗料が作れます。

そのため魔力結晶はとても価値が高く、多くの冒険者たちが一攫千金を夢見て、危険を顧みず魔力結晶のある迷宮に潜っています。

ゼニスが閉じ込められていた魔力結晶は、2メートルもある水晶のような形をした緑色のものでした。

無職転生 ゼニス

転移の迷宮とは?

転移の迷宮は、ベガリット大陸の迷宮都市ラパンにある危険度Sランクの迷宮です。

ベガリット大陸はルーデウスたちの住む中央大陸の北に位置している三日月の形をした大陸です。

ラパンはベガリット大陸にいくつかある都市のうちの一つで、迷宮が多数あることで「迷宮都市」の名前で呼ばれています。

無職転生 世界地図
引用元:Twitter

転移の迷宮の深さは全7層で、迷宮の罠はすべて転移魔法陣になっています。

転移魔法陣は遠くへ移動するための魔法陣で、踏んだ人はその場から消えて転移先に現れるという、使い様によってはすごく便利なものです。

しかし転移の迷宮の場合、転移先の多くで魔物の群れが待ち構えているという、とても危険なものになっています。

もし間違って踏んだ(罠にかかった)場合、現在位置がわからなくなるわ仲間とはぐれるわ一人で魔物の群れに囲まれるわで、絶体絶命の危機に陥ります。

ロキシーについてのくわしい記事はこちら

マナタイトヒュドラ(魔石多頭竜)とは?

マナタイトヒュドラは、九本の首を持つ、大昔に絶滅したと思われていた巨大なドラゴンです。

レッドドラゴン(赤竜)の二倍ほどもある巨大な体で、魔術を無効化する吸魔石でできたエメラルドグリーン色のうろこがその巨体を覆っています。

九つある口から炎をはき、首を斬り落としてもすぐに再生するというチート能力を持っています。

画像はレッドドラゴンの頭部ですが、手前の人物(オルステッド)と比べると恐ろしく巨大です。

マナタイトヒュドラはこのレッドドラゴンの二倍ほどのサイズということなので、いかに巨大なドラゴンかわかるのではないでしょうか。

オルステッドについてのくわしい記事はこちら

ゼニスは廃人から回復する?

無職転生 ゼニス
引用元:Twitter

以前のようなゼニスには戻らないので、そういう意味ではゼニスは廃人(心神喪失状態)から回復しません。

しかし言葉と表情を失ったままではありますが、記憶や知識、現状を把握する能力は失われていませんでした。

それどころか魔力結晶に閉じ込められているあいだに、ゼニスは「人の思考を読む能力」を得ています。

その事実はゼニスが救出されて数年後、ミリス神聖国にいる記憶の神子(みこ)に診てもらったことでわかるのですが、ゼニスが言葉と表情を失っていたために誰も気づけなかったようです。

ゼニスは魔力災害に遭う前の生活や、自分を助けにきたパウロが亡くなったこと、ルーデウスが結婚したことや、孫が生まれることなどをほぼ正しく認識していました。

ゼニスはラノア王国にあるルーデウスの家でリーリャにお世話されながら暮らしていくうちに、食事や着替えなど、一人でできることが増えていきます。

リーリャの娘アイシャと一緒に以前から趣味だった園芸を楽しんだり、ロキシーの娘ララと念話(ミグルド族の特技)で会話したりもしています。

他人から見ればゼニスはずっと廃人(心神喪失)状態ですが、ゼニスは自分の意識の中で、幸せを感じながら普通に暮らしていたのでした。

シルフィエットについてのくわしい記事はこちら

ミリス神聖国とは?

ミリス神聖国は、ミリス大陸南西部にある世界で二番目に大きな国です。

首都はミリシオン。

ミリス教団の総本山で、ミリス神聖国の政治や治安にミリス教団が深くかかわっています。

冒険者ギルドの本部もミリス神聖国にあります。

白色と銀色で造られた建物が多く、外見的には世界一美しい国ですが、歴史が長いため国内が腐敗していて、中身は世界で一番汚いといわれています。

人族以外の種族に対する差別が激しく、特に魔族は多くの国民から目の敵にされています。

魔大陸からミリス大陸へ船で渡る場合、人族なら鉄銭5枚(約500円)ですが、魔族は2倍から4倍の料金が必要となり、魔族でもさらにスペルド族なら緑鉱銭200枚(約20万円)となっています。

ちなみにミリス大陸から中央大陸へ船で渡る場合は王札100枚(約500万円)という法外な料金を請求されますが、これはもうスペルド族は中央大陸へ来るなという拒絶を表した金額でしょうね。

ルイジェルドについてのくわしい記事はこちら

記憶の神子(みこ)とは?

記憶の神子は、ミリス教団で保護されている「眼を合わせた相手の記憶を見る能力」を持っている女の子です。

記憶の神子の能力は、重要人物の裁判などで嘘発見器として使われていました。

この世界には記憶の神子のほかにも10人ほどの神子がいて、怪力と防御力の神子であるザノバ・シーローンもそのうちの一人です。

ザノバは王族なので名前がありますが、記憶の神子には名前がなく、周囲の人たちからはただ「神子様(みこさま)」と呼ばれています。

記憶の神子は、以前森の中で暗殺者に殺されそうになったところを、ゴブリンを狩るために森に入っていたエリスに助けられたことがあります。

恩人であるエリスと再会したとき、記憶の神子はエリスから棒切れを渡され、毎日素振りすることを提案されました。

記憶の神子は運動不足のためにちょっとぽっちゃりしていたからです(ルーデウスは記憶の神子を「オタサーの姫」っぽいと評しています)。

その後まじめに素振りを繰り返していた記憶の神子は、どんどんスリムになっていきました。

エリスについてのくわしい記事はこちら

ゼニスの過去は?

ゼニスはミリス神聖国の上級貴族、ラトレイア伯爵家の次女として生まれました。

「ミリス令嬢の鑑」といわれるほど、立派なお嬢様に育ちます。

ゼニスはミリス教の信者です。

15歳(成人祝いの日)のとき、母親のクレアとケンカして家を出ています。

家を出たあと、詐欺に遭いそうになったところをパウロに助けられました。

そしてパウロがリーダーを務める冒険者パーティー「黒狼の牙」に、強引に加入させられます。

「黒狼の牙」は中央大陸を活動拠点としている冒険者パーティーで、わずか数年でパーティーランクがS級になるほど強いメンバーがそろったパーティーでした。

ゼニスは中級の治癒魔術と解毒魔術を習得していたので、「黒狼の牙」では治癒術士として活躍しています。

ゼニスの冒険者ランクはA級です。

17歳のときにパウロの子ども(ルーデウス)を身ごもったことで冒険者をやめました。

「黒狼の牙」も同時に解散しています。

フィットア領ブエナ村の駐在騎士(下級貴族)になったパウロとともに、ブエナ村で生活することになります。

ブエナ村では治癒術士の経験を生かして、診療所を手伝っていました。

メイドとして雇ったリーリャと家事をこなしながら、長男ルーデウスを生みました。

無職転生 ルーデウス 幼児
引用元:Twitter

23歳のときに長女ノルンを生みます。

同じ日の数時間後に、リーリャがパウロの子ども、アイシャを生みます。

無職転生 アイシャ ノルン
左アイシャ 右ノルン 引用元:Twitter

27歳のとき、魔力災害でベガリット大陸にある転移の迷宮に飛ばされ、魔力結晶の中に閉じ込められました。

33歳のときにパウロたち「黒狼の牙」元メンバーと、ルーデウス、ロキシーによってゼニスは救出されます。

ゼニスを救出するために転移の迷宮の守護者と戦う必要があり、その戦いでパウロが命を落としました。

ゼニスはラノア王国シャリーアにあるルーデウスの家で生活することになります。

39歳のとき、ゼニスが救出されたことを知った母親のクレアから手紙が届き、ミリス神聖国に呼びつけられました。

ゼニスはルーデウスたちとミリス神聖国へ行きますが、クレア(の手の者)に誘拐されます。

クレアはゼニスの心神喪失を非道な方法で治療しようと考えていました。

誘拐事件は記憶の神子の協力とゼニスの行動で、大騒動にならずに解決しました。

記憶の神子はゼニスを見て、ゼニスが記憶や知識、現状を把握する能力を失っていないこと、「人の思考を読む能力」を得ていることをルーデウスに伝えます。

ゼニスはシャリーアに戻り、ルーデウスの家族に囲まれながら幸せに暮らしました。

69歳でゼニスは息を引き取りました。

リーリャについてのくわしい記事はこちら

まとめ

今回は、ゼニス・グレイラットについてまとめました。

● ゼニスが廃人になった理由は魔力結晶の中に閉じ込められていたから

● 魔力結晶の中に閉じ込められていた理由は不明

● ゼニスは廃人(心神喪失)状態から回復しない

● 言葉と表情を失っているが記憶や知識、現状を把握する能力は失われていない

● 「人の思考を読む能力」を得ていた

● ゼニスはミリス神聖国上級貴族ラトレイア家の次女として生まれる

● 15歳で家を出て冒険者パーティー「黒狼の牙」のメンバーになる

● 17歳で長男ルーデウスを妊娠し冒険者を辞めてパウロとアスラ王国で暮らす

● 23歳で長女ノルンを出産する

● 27歳のとき魔力災害に遭いベガリット大陸の迷宮内の魔力結晶に閉じ込められる

● 33歳のとき魔力結晶から救出されるがその際に夫パウロを失う

● 39歳のとき心神喪失を治療する目的で母親クレアに誘拐される

● 69歳のとき永眠する

以上、「【無職転生】ゼニスのネタバレまとめ!廃人になった理由と回復は?」でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました