【無職転生】アニメ第2話のあらすじと感想!卒業試験とロキシーとの別れ

無職転生 第2話 あらすじと感想 卒業試験とロキシーとの別れアニメ

アニメ「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話のあらすじと感想をまとめています。

感想には独断と偏見と原作を基にした解説と軽いネタバレが含まれていることをご了承ください。

第1話「無職転生」おさらい

  • 無職童貞の34歳男性が交通事故で死亡し、乳児になって異世界へ転生する
  • 異世界に転生した子どもはルーデウスと名づけられ、優しい両親の元で成長する
  • 魔術と出会ったルーデウスは3歳で中級魔術を使えるまでになり両親を驚かせる
  • 魔術の教師をつけることになるが、やってきた教師は少女の外見をしていた
  • ルーデウスは詠唱なしで初級魔術を発動し、魔術教師のロキシーを驚かせる

第2話「師匠」あらすじと感想

第2話「師匠」あらすじ

3歳という幼さで魔術の才を見せたルーデウスに、家庭教師が付くことになった。

無愛想でジト目のロリっ娘なロキシー師匠による魔術の授業で、めきめきと成長するルーデウス。

そして月日が流れ、ルーデウスはロキシーにある試験を課される。

しかし、その試験のためにはルーデウスは前世のトラウマを乗り越える必要があった。

引用元:dアニメストア

家を叩き出されるクズニート

読経と女性のすすり泣く音が聞こえる中、年配の夫婦の葬儀が行われている。

親族席の椅子が一つ空いていた。

電気を点けていない暗い部屋に、パソコンの画面だけが明るく輝いている。

不健康そうに太った不潔感漂う無精ひげの男性が、パソコン画面を見ながら自慰をしていた。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ルーデウスの前世の男性
引用元:Twitter

喪服を着た二人の男性と一人の女性が、ゴミが散乱する汚い部屋に強引に入ってきた。

自慰をしていた男性は抵抗するも殴られ、パソコン画面をバットで壊され、「出ていけ、クズニート!」と罵られて、家から叩き出された。

ルーデウスの前世は「子供部屋おじさん」だったようですね。

行われた葬式は、前世の男性の両親のものでした。

両親が同時に亡くなったのか、両親の死因が何だったのかは、原作にも記述がありませんでした。

前世の男性は両親の葬式に参列せず、自室でパソコンを見ながら自慰をしていました。

パソコン画面にチラッと映っていたのは、姪っ子の入浴姿を盗撮した画像です。

汚部屋に突入してきた三人の男女は、前世の男性のきょうだいでした。

前世の男性は高校に入学してすぐ不登校になり、以来34歳になるまで引きこもっていました。

不登校になった原因には同情できるところがあるとは言え、さんざん迷惑をかけた両親の葬式にも参列しない前世の男性に対して、きょうだいが怒るのも無理はありません。

アニメではきょうだいが部屋に入ってきていきなり暴力に訴えていますが、原作ではきょうだいから突きつけられた絶縁状を前世の男性が無視したことで、弟にパソコンを壊されています。

前世の男性は大事なパソコンを壊されて半狂乱になって暴れますが、空手の有段者であるお兄さんにボコボコに殴られてしまいます。

前世の男性は殴られると無様に泣きじゃくって許してもらおうとしますが、容赦なく家から叩き出されています。

トラックにはねられるクズニート

雨の降る中、はだしのままジャージ姿で街をさまよう男性。

「くそっ。俺が一体何したってんだ・・・」

そうつぶやく男性の耳に、誰かが言い争っている声が届く。

声のした方向を見ると、女子高校生一人と男子高校生二人が横断歩道の安全地帯で何かもめていた。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 女子高校生 七星静香
引用元:Twitter

そこへ赤信号に変わっても止まる気配のない大型トラックが近づいてきた。

危険を感じた男性は、高校生たちに「あぶない!」と教えようとするが、「あ・・・あ・・・」としか声が出ない。

「あぶねぇぞ!」と声を出したと同時に、男性は横断歩道に飛び出した。

目前に迫ったトラックのまぶしいヘッドライトと衝撃音。

そこでルーデウスはハッと目を覚ましました。

前世の男性が「俺が一体何したってんだ」と毒づいていましたが、何もしてなかったからそういう状況になったんですよね。

前世の男性は引きこもりで日頃から声を出していないせいで、高校生たちに危険を知らせようとしても咄嗟に声が出なかったようです。

言い争いをしていた三人の高校生ですが、女子高校生は七星静香、背の高い茶髪の男子高校生は篠原秋人、黒い髪の男子高校生は黒木誠司(第1話で助かっていた高校生)です。

七星静香と篠原秋人は彼氏彼女の関係で、二人とも異世界に転移されます。

ルーデウスと七星静香は、たぶん2クール目あたりで衝撃的な出会い方をすることになります。

七星静香役の声優は若山詩音(わかやましおん)さんです。

若山詩音さんの代表作は「SSSS.DYNAZENON」の南夢芽役や「さよなら私のクラマー」の越前佐和役などがあります。

ロキシー秘密の一人遊び

ルーデウスは魔術の訓練中に魔力切れを起こして気を失っていた。

部屋にはルーデウスが土魔術で作った人形がたくさん並んでいる。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ルーデウス 土魔術
引用元:Twitter

パウロとゼニスが夜のお勤めに励んでいる声が、壁の向こうから聞こえていた。

(それにしても、お盛んだ。願わくば妹がいい。うん、弟はいやだ)

ルーデウスがお盛んな両親をからかってやろうと部屋を出ると、夫婦の寝室の前に座り込んでいるロキシーの姿があった。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ロキシーの自慰
引用元:Twitter

ロキシーはパウロとゼニスのあられもない声を聞きながら、自分で慰めていた。

ルーデウスはその場をそっと離れて部屋に戻ると、「いやぁ、いいものを見た! えっへへ~!」とニヤける。

ルーデウスは魔力量の増大と応用力をつける訓練を兼ねて、できるだけ細かく複雑な作業を魔術で行うようにしていました。

前世でフィギュア作りを趣味にしていたことがあったので、ルーデウスは土魔術で人形を作って訓練していたのです。

魔術は「大きさを変化させる」と消費する魔力量が変わるそうで、例えばウォーターボールの大きさを通常より大きくしても、逆に小さくしても魔力を大量に使う性質があります。

ソフトボールサイズのウォーターボールよりバスケットボールや水滴サイズのウォーターボールを作り出すほうが、ずっと多くの魔力を必要とするのです。

ルーデウスは小さくて複雑なデザインの人形をたくさん作って、魔力を毎日使い果たすようにしていました。

夫婦の営みを聞きながら、ルーデウスは「うん、弟はいやだ」と言っていますが、たぶん前世で弟に大事なパソコンを叩き割られたことが理由でしょうね(まあ、自業自得なんですが)。

しかしゼニスのあの声といいロキシーのあのシーンといい、「無職転生」はだいぶ攻めた作品だなと思います。

ロキシーと夜の座学(意味深)

ロキシーがルーデウスの家庭教師を始めて半年が経った。

「ロキシーはいい教師だ。授業はおもしろく楽しい。おかげで中級までの攻撃魔術はあっさりと使えるようになった」

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 グレイラット家 ロキシー
引用元:Twitter

二人は魔術の知識を深めるべく、夕食後から寝るまでのあいだ座学を行っていた。

ロキシーが魔術の歴史について語っている隙に下着を盗み見るルーデウス。

「この世界には、精霊とか魔族なんてのもいるんですね」というルーデウスに、ロキシーは自分も魔族だと打ち明ける。

「パウロさんたちも私の姿を見て、驚いてたでしょう?」と聞くロキシーに、ルーデウスは「先生がちっちゃいからですよねぇ」と答えた。

ロキシーは「ちっちゃくありません!」と否定した後、前髪をクルクルといじりながら「あれは私の髪を見て驚いていたんですよ」と言う。

ロキシーはスペルド族という恐ろしい魔族のことについて説明し、「子どもの頃、よく言われたものです。夜遅くまで起きていると、スペルド族がやって来て食べてしまうぞ、と」と付け加えた。

ルーデウスがこの世界にもそういうのがあるんだな、と思っていると、ロキシーは「いいですか。とにかく、エメラルドグリーンの髪で額に赤い宝石のような物がついた種族には、絶対に近づいてはいけません」と忠告した。

ロキシーが「私の髪は光の加減でその緑色に見えなくもないんです」と自分の髪をいじりながら言う。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 髪をいじるロキシー
引用元:Twitter

ルーデウスが「先生の髪はきれいですよ?」と褒めると、「ありがとうございます。でもそういうことは将来好きな子ができたときに言ってあげてください」とそっけなく返した。

ルーデウスが「僕、先生のこと好きですよ?」と言うと、ロキシーは「そうですか。あと10年経って考えが変わらなかったら、もう一度言ってください」と照れを隠す素振りをしながら言った。

座学が終わったあと部屋に戻るふりをしてロキシーの着替えをのぞくルーデウスに、ロキシーは「スペルド族に食べられますよ」と脅した。

ルーデウスはロキシーから教わるようになって、半年で中級の攻撃魔術を四種とも習得したようです。

攻撃魔術の四種は土・水・火・風で、これに治療・解毒を合わせて魔術の基礎六種と呼ばれています。

現在は上級魔術を訓練中ですが、ルーデウスはロキシーの教え方を高く評価しています。

ロキシーが「パウロさんたちも私の姿を見て、驚いてたでしょう?」「あれは私の髪を見て驚いていたんですよ」と言っていましたが、あれはパウロたちの予想外の魔術教師がやって来たからであって、ロキシーの髪を見て驚いていたわけではありませんよね。

そもそもパウロとゼニスは以前組んでいた冒険者パーティーに魔族のメンバーもいたので、魔族に対する偏見はありません。

しかしロキシーは光の加減で緑色に見えなくもない髪のせいで苦労したことがあったので、パウロたちも髪を見て驚いたと考えたのでしょう。

ルーデウスはのちにスペルド族の男性と深く関わることになりますが、ロキシーが忠告するような危険な種族ではありませんでした。

ルーデウスが言った「僕、先生のこと好きですよ?」に対して、「あと10年経って考えが変わらなかったら、もう一度言ってください」とロキシーが返しますが、これはいわゆる伏線というやつです。

パウロ・グレイラットは天才剣士

ロキシーがグレイラット家に来て1年ほどが経った。

ルーデウスの魔術の授業は順調で、魔力量が増えて尽きる気配もなかった。

一方、剣術の稽古のほうはあまり順調でなかった。

「クッと踏み込んでザンッ!って感じだ。わかったか?」

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 パウロ
引用元:Twitter

パウロはそう言って木剣で岩を両断するコツを教えるが、ルーデウスにはどうにも理解できない。

(まあ、まだ4歳だし、体もできていない。まだこれからだ。がんばろう)

この世界の剣士は、木剣で岩を両断してしまうんですね。

剣士がこれくらい強くないと、魔術師が無双しすぎてパワーバランスが崩れてしまうからちょうどいいのかもしれません。

パウロは剣神流・水神流・北神流というこの世界の三大流派を上級まで修めている天才剣士です。

そして冒険者パーティー「黒狼の牙」のリーダーを務めるSランク冒険者でした。

ゼニスを妊娠させて冒険者を辞めた後、従兄弟の貴族のコネでブエナ村の管理を任されています。

実はパウロはアスラ王国でも有数の上級貴族の息子でした。

しかし小さい頃から町で評判になるほどの悪ガキだったために厳格な父親と反りが合わず、パウロが12歳のときに家を出ています。

その後パウロはあちこちで悪さをしながら冒険者となり、クセの強いメンバーばかりの「黒狼の牙」をまとめるまでになりました。

そのクセの強い「黒狼の牙」の元メンバーは、のちに全員登場することになります。

ラノア魔法大学への進学を進言

ロキシーが麦畑の中で杖を振ると、ブエナ村に雨が降ってきた。

ルーデウスは石垣の中から、家の外で遊ぶ二人の男の子を眺めていた。

するとルーデウスに気づいた男の子たちが、突然携帯電話を取り出しカメラを向ける。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 村の子ども 携帯電話
引用元:Twitter

それは前世の男性が経験したイジメによるトラウマが引き起こした妄想だった。

ロキシーは農作物が豊かに実った黄金色の畑を眺めながら言う。

「わたしの故郷は草一本生えないような土地でしたので、この景色を見ると何とも言えない気持ちになります」

ルーデウスが「先生、僕いまとても楽しいです。こんな毎日がずっと続いてほしいです」と言うと、ロキシーはラノア魔法大学へ進学することを勧める。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ルーデウスにラノア魔法大学を勧めるロキシー
引用元:Twitter

「そんなところに行かなくても、僕はロキシー師匠がいればそれでいいです」

「その呼び方はやめてください。あなたは私を簡単に超えてしまうでしょうし、自分より劣る者を師匠と呼ぶのはいやでしょう?」

ルーデウスは否定するが、「ルディにもそのうちわかるようになりますよ」とロキシー。

ロキシーは一人になった場所で、詠唱なしで魔術を発動させようとする。

しかしやはり魔術は発動せず、ロキシーはがっかりした様子で手の平を見つめた。

ロキシーが魔術で雨を降らせて、農作物を育てる手伝いをしていましたね。

水聖級魔術師ともなると天気の操作もできるので、村人たちに何かと重宝されていました。

ブエナ村の特産品はアスラン麦とバティルスの花と野菜です。

アスラン麦はパンの原料で、バティルスの花は香料の原料になります。

ロキシーは午前中はルーデウスに魔術を教え、午後は村人から困り事の依頼を受けていました。

村人たちから報酬を受け取って、魔術を使って依頼を解決していたのです。

ルーデウスはのちにラノア魔法大学へ行くことになりますが、ラノア魔法大学は「無職転生」の後半のストーリーの主な舞台になります。

やはり異世界系作品に「学園編」は欠かせませんよね。

ルーデウス5歳の誕生日

ロキシーが来て1年半が経ち、ルーデウスが5歳になった。

ルーデウスの5歳の誕生日祝いを、ゼニスが張り切って準備している。

テーブルにはたくさんのごちそうが並べられ、ルーデウスは大人たちから「ルディ、5歳の誕生日おめでとう!」と祝いの言葉をもらった。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ルーデウス5歳の誕生日パーティー
引用元:Twitter

ルーデウスは「誕生日を祝ってもらえるなんて、どれぐらいぶりだろう?」と考える。

パウロが剣を飲み込む余興を披露すると、ロキシーは目を見開いて驚いていた。

ごちそうを食べた後、パウロはルーデウスに一振りの立派な剣を贈る。

パウロの長い講釈を止めたゼニスが、ルディは本が好きだからと一冊の本を贈った。

ルーデウスは本を開いて内容を確認すると、こういうのが欲しかったんです!とよろこんだ。

ゼニスは感激し、なんていい子なの!とルーデウスを抱きしめる。

ロキシーはきれいな赤い魔石が付いた杖をルーデウスに渡した。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 魔法の杖をもらったルーデウス
引用元:Twitter

本来は初級魔術が使えるようになった生徒に師匠から杖を贈るものですが、ルーデウスは最初から初級魔術が使えていたので忘れていた、とロキシーが謝る。

ルーデウスが「大切にします、師匠」と感謝すると、ロキシーは「その歳で上級攻撃魔術を四種とも習得したのです。もう少し偉そうにしてもいいのですよ」と言う。

「いえ、師匠の教え方がうまいからですよ」

ルーデウスがそう言うと、ロキシーはルーデウスの頭をなでながら「しかし、これで私があげられるものも、ほんとにごくわずかになりました」と言った。

戸惑っているルーデウスに、「ルディ、明日、卒業試験を行います」とロキシーが言う。

ルーデウスは「卒業?」とつぶやいた。

ルーデウスが5歳の誕生日を迎えたということは、前世の男性がこの世界に転生して5年が経ったわけですね。

一般的な異世界系作品で5年も経っていたら、とチート能力で学園で無双していたり、タイプの違う多数の美女から言い寄られていたり、現代日本の知識や技術を披露して崇められていたり、領主になっていたり勇者になっていたり居酒屋店主になっていたりと、すっかり異世界ライフを満喫している頃でしょう。

ゼニスから贈られた本は「植物辞典」でした。

この世界には製紙技術はありますが印刷技術はなく、すべての本は手書きです。

ルーデウスがもらった「植物辞典」は、立派な表紙と丁寧な挿絵と説明文が手書きで記されている大変豪華なものでした。

「植物辞典」の価格ですが、後に出てくる本の価格と比較して推測すると、アスラ金貨7枚くらい(約70万円)ではないかと思います。

パウロから贈られた剣もきちんと鍛造(たんぞう)されて刃がついた立派な真剣なので、決して安いものではありません。

本も剣も5歳の子どもへの贈り物としてはだいぶ高額ですが、そこは下級といえどもさすが貴族の財力といったところでしょうか。

ルーデウスは5歳を前にして上級魔術を四種とも習得しているので、ロキシーは「もう少し偉そうにしてもいいのですよ」と言います。

上級魔術師は魔術師100人に1人という記述が原作にありました。

わずか5歳で魔術師の上位1パーセントにいるわけですから、なるほどロキシーの言うようにもう少し偉そうにしてもいいのかもしれません。

しかしルーデウスは前世で失敗しているので、増長することなくどこまでも謙虚な姿勢でいるのではないでしょうか。

ルーデウス、家の外に出る

ルーデウスは窓際で夜の景色を眺めながら、前世の出来事を思い出していた。

無念、絶望感、学校でひどいイジメに遭っていたこと、突然すごい力に目覚めたり美少女の居候ができたりしたらがんばれるかもと妄想していたこと、心配して声をかけてくれる両親に壁を叩いて応じていたこと。

ルーデウスは前世のトラウマで、家の外に出ることに心の底から恐怖を感じていた。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 前世の男性 ルーデウス
引用元:Twitter

翌朝、ロキシーは馬のカラヴァッジョで遠出するために鞍(くら)を準備していた。

ルーデウスは家の外に出たくなくて抵抗するが、ロキシーはルーデウスをカラヴァッジョに乗せるとさっさと出発してしまう。

前世の記憶がよみがえり、「師匠、無理です」と怯えて目をつぶるルーデウスに、ロキシーは「大丈夫ですよ。私がついていますから、安心してください」と励ます。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 馬上のルーデウスとロキシー
引用元:Twitter

ルーデウスがおそるおそる目を開けると、そこはもう家の外だった。

拍子抜けしたような表情のルーデウスに、「ほら、大丈夫だったでしょ」とロキシー。

家を出てからもルーデウスは村人の視線が気になるが、村人は自分ではなくロキシーを見ていることに気づいて安心する。

「まだ怖いですか」と尋ねるロキシーに、ルーデウスは「もう大丈夫です」と答えた。

(俺は何を恐れてたのだろう。こんなのどかな村で、誰が俺をバカにするというのか)

(ロキシーはすごいな。たった二年で村に馴染んでいる。髪のことで偏見を持たれていただろうに)

ルーデウスが「いい村ですね、師匠」と言うと、ロキシーも「はい、私もとても気に入っています」と答えた。

やがて二人は、卒業試験を行う予定の場所に着いた。

ルーデウスのトラウマが克服された瞬間でしたね。

家の敷地から外へ出る手段に馬を使ったことがよかったのかもしれません。

自分の足でではなく誰かにかつがれてでもなく、馬に乗っていたから目をつぶっているあいだにトラウマを越えることができました。

緊張の解けたルーデウスがロキシーにもたれかかる場面がありますが、原作ではそのときルーデウスは「ロキシーのひかえめな胸が首筋に当たっていい気持ちだ」などとゲスなことを考えています。

ロキシーは先述したように村人とずっと関わっていたので、今ではたくさんの人と顔見知りになっています。

村人のみんながロキシーにあいさつするのを最初はおどおどしながら聞いていたルーデウスが、明るい表情であいさつを返すようになった場面はいいなと思いました。

ルーデウスの卒業試験

ルーデウスが卒業試験を行う場所は、周囲が遠く見渡せる広い草原だった。

ロキシーは「これから私は水聖級魔術を使います」と宣言する。

「一度しか使いません。しっかりと見て、覚えて使ってください。それが卒業試験の内容です」

「秘伝だから人のいない所でやるんですか?」と尋ねるルーデウスに、ロキシーは「違います。人や農作物に被害が出るかもしれないからです」と答えた。

ロキシーはルーデウスから少し離れ、深呼吸を一回すると、長い詠唱を始めた。

晴れていた空が曇り始めたかと思うと突風が吹き、強い雨が降り始める。

ロキシーが「キュムロニンバス!」と詠唱を終えると、黒く厚くなった雲から雷鳴が響き、草原に激しい嵐が吹き荒れた。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 キュムロニンバスを詠唱するロキシー
引用元:Twitter

強風で飛ばされそうになったルーデウスがロキシーの足にしがみつく。

轟音と共に、カラヴァッジョをつないでいた木に雷が落ちた。

ロキシーは落雷を受けて倒れているカラヴァッジョを、ヒーリングであわてて治療する。

カラヴァッジョは一命を取り留めた。

安堵したロキシーは気を取り直し、ルーデウスに「さあ、やってみなさい。カラヴァッジョは私が守っておきます」と指示する。

「卒業試験。つまり、家庭教師が、これで終わりだということだ」

ルーデウスはそう覚悟して、いま自分が出せる最大の魔力でキュムロニンバスを発動した。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ルーデウスのキュムロニンバス
引用元:Twitter

ロキシーの手本よりはるかに威力のある水聖級魔術が草原を覆った。

「おめでとうございます。これであなたは、水聖級魔術師です」

ルーデウスは師匠から水聖級魔術師の称号を授かり、泣きそうな気持ちを抑えて笑顔で応えた。

キュムロニンバスは、広い範囲に雷雲を発生させて豪雨と雷を落とす水聖級魔術です。

雷を落とすことが目的ではありませんが、雷雲を作るので雷が落ちる可能性は高くなります。

グレイラット家の愛馬カラヴァッジョは、パウロと長年苦楽を共にしてきた相棒でした。

パウロはゼニスの次にカラヴァッジョを愛しているそうで、そんなカラヴァッジョに大事がなくて本当によかったですね。

原作では卒業試験は、キュムロニンバスを発動させるだけではなく、一時間以上同じ状態を維持させて合格、というものでした。

同じ状態を維持させるには、魔力をずっと注ぎ込まなければいけません。

ルーデウスは以前ロキシーから魔術は創意工夫だと習っていたことを思い出し、魔力をずっと注ぎこまなくても同じ状態を一時間以上維持できるように、混合魔術で工夫しました。

しかしロキシーは指示した通りにただキュムロニンバスを一時間維持できればそれで合格と考えていたので、ルーデウスがやったことを見て、己の実力不足を痛感しています。

前世の男性がスーパーセル(超巨大積乱雲)ができる仕組みをテレビで見て知っていたので、それを混合魔術で応用した結果なのですが、ロキシーには目から鱗が落ちる思いだったのでしょう。

アニメではただキュムロニンバスを発動できれば合格となっていたので、ルーデウスは大量の魔力を使って大きなキュムロニンバスを作ろうとする表現だけが描かれていました。

ロキシーは「私のお手本より大きなものを作れなんて言ってませんよ」と言っていましたが、魔力量もまったくかなわないと思ったのかもしれません。

しかしルーデウスはあんな状況で、よくロキシーの詠唱をしっかり聞いていられたたもんだと思いました。

ロキシー師匠との別れ

翌朝、ルーデウスの予想通り、ロキシーはグレイラット家を出ていく。

パウロとゼニスは引き止めるが、ロキシーは「しばらくは世界を旅しながら、あらためて魔術の腕を磨くつもりです」と辞退する。

ロキシーは卒業祝いの代わりとして、故郷のお守りをルーデウスに渡した。

別れのあいさつをしたあとは振り返ることなくまっすぐに歩いていくロキシー。

ルーデウスは思わず駆け出し、遠くなったロキシーの後ろ姿に「師匠ー!ありがとうございましたー!」と声をかけた。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 ロキシーに別れを告げるルーデウス
引用元:Twitter

ロキシーからもらった杖とお守りを握りしめながらルーデウスは思った。

(彼女には本当にいろんなものをもらった)

(知識、経験、技術、そして何より、俺を外に出してくれた)

(外に出た、ただそれだけ)

(しかし、それは間違いなく、俺のトラウマだった)

(彼女はそれを治してくれた)

(狙ってやったことじゃない、わかっている)

(けれど、尊敬しよう、あの小さな少女を)

ルーデウスはロキシーが去っていった道を、晴れやかな表情でいつまでも見つめていた。

その後、数か月前に盗んでいたロキシーの下着がリーリャに見つかる。

「無職転生~異世界行ったら本気だす~」第2話 リーリャにパンツ(御神体)が見つかったルーデウス
引用元:Twitter

ロキシーがルーデウスの頭をなでようとして、一瞬気づいて手を下ろす場面がいいですね。

もう師匠と弟子ではなく、対等な立場の魔術師として扱わなければと考えたのでしょうか。

ルーデウスがもらった故郷のお守りは、のちほどルーデウスたちの役に立つことになります。

前世から数えると20年以上も抱えていたルーデウスのトラウマの克服を、ロキシーはあっさりとやってのけました。

前世の男性の両親やきょうだい、この世界のパウロやゼニスができなかったことを、です。

ルーデウスはこれ以降ロキシーを「神」として敬い、リーリャに見つかった下着を「御神体」として崇めることになります。

まとめ

前世の男性は高校生のときに壮絶なイジメを受けていたことが判明しました。

というかあれはイジメというより犯罪ですよね。

イジメがきっかけで引きこもりになり、家の外に出ることを恐れる理由が丁寧に描かれていました。

アニメといえども、イジメの描写を見るのはつらいです。

あいつら全員キュムロニンバスの落雷で焼き尽くされしまえばいいのに。

落雷といえば、カラヴァッジョは落雷に巻き込まれて大変でしたね。

カラヴァッジョが無事に済んで本当によかったです。

ロキシーは第2話で早くも退場しましたが、のちに重要な役どころで再登場します。

何といってもルーデウスのトラウマを克服させてくれた大恩人ですからね。

以上、「無職転生」第2話のあらすじと感想でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました